1. 市場調査・マーケティングリサーチ会社のマーシュ
  2. 調査事例
  3. ネットリサーチの回答者の中から訪問インタビュー対象者を選定する事例

ネットリサーチの回答者の中から訪問インタビュー対象者を選定する事例

お客様の業種:住宅設備機器メーカー
調査内容:住まいに関するネットリサーチと訪問インタビュー


1,000サンプルのネットリサーチを実施し、その後回答者の中から訪問インタビューの対象者を選定し、調査を実施した事例をご紹介いたします。


全体の流れ

  1. スクリーニングで本調査の条件に合うモニターを抽出(ネットリサーチの担当者)
  2. 本調査 25問(訪問インタビューの案内を入れ、訪問可能な時間帯を選択してもらう)
  3. データ集計・納品(対象条件に該当する回答者にフラグを立ててご納品)
  4. インタビュー協力者を選出(ここからモニターリクルート担当者が進めていきます)
  5. 条件確認と参加依頼
  6. 訪問インタビューの実施

ネットリサーチ(1,000サンプル)では数値的なデータを集計・分析し、訪問インタビュー(各1~5名で4つのセグメント)では、住宅設備に関する話をより深く掘り下げて聞いていく、という形です。


担当者について

それぞれネットリサーチ(Webアンケート)の担当者とモニターリクルート(訪問インタビュー)専門の担当者がつき、連携を取って進めます。定量調査と定性調査を組み合わせて実施する場合にも、お客様に最後まで安心してお任せいただける仕組みができています。


通常の訪問インタビューのみの場合もそうですが、ここで特に気を付けるのは、条件違いや、Webアンケートの回答と実態との矛盾がないか、事前にしっかりと確認する点です。「実際に行ってみたら条件と違った」といったことのないよう、アンケートですでに答えている内容も、インタビューの条件に関する項目は電話で改めて確認を行います。


弊社ではこのような調査の質を守るためのプロセスを大切にし、徹底して行っております。


費用について

ネットリサーチとモニターリクルートそれぞれの料金表がございます。組み合わせて実施した場合の全体の費用感をお知りになりたい場合は、お気軽に見積もり依頼フォームよりお問合わせください。




グループインタビュー、デプスインタビュー、会場調査などのリクルート事例


ネットリサーチと定性調査の複合型の事例


ホームユーステストの事例


ネットリサーチの事例


アンケートモニター提供の事例


アンケートシステム提供の事例