1. 市場調査・マーケティングリサーチ会社のマーシュ
  2. デイリーリサーチ
  3. ウイルス対策ソフトに関するアンケート調査
2008年7月17日

ウイルス対策ソフトに関するアンケート調査

30%以上のユーザーが毎日アップデート

情報漏洩やフィッシング詐欺、新種のコンピュータウイルスなど PC の脅威は日々増加している。ユーザーは、これら新たな脅威に対処できるのだろうか。今回は特に、ウイルス対策ソフトの使い方について調査した。


インターネットコム株式会社と株式会社マーシュが実施した「ウイルス対策ソフトに関する調査」によると、ウイルス対策ソフトをインストールしている人の30%以上が毎日ソフトウェアをアップデートしていることがわかった。


調査は全国のインターネットユーザー男女300人を対象に行った。男女比は男性50.0%、女性50.0%、年齢別では20代20.0%、30代 20.0%、40代20.0%、50代20.0%、60代以上20.0%となっている。


アンケート回答者のうち私用 PC にウイルス対策ソフトをインストールしている244人に、ソフトウェアをアップデートする頻度を尋ねた。結果は「毎日」32.4%(79人)、「3日に一度」7.0%(17人)、「一週間に一度」7.8%(19人)、「2週間に一度」2.5%(6人)、「1か月に一度」3.7%(9人)、「気がついたときにアップデートする」29.1%(71人)などとなった。


回答では、毎日アップデートする人々と気がついたときにアップデートする人がほぼ拮抗した。また、ウイルス対策ソフトの自動アップデートを設定している人が244人の82.8%だった。


これに対して、ウイルススキャンを行う頻度は「毎日」16.8%(41人)、「3日に一度」3.7%(9人)、「一週間に一度」17.6%(43人)、「2週間に一度」4.1%(10人)、「1か月に一度」8.2%(20人)、「気がついたときにスキャンする」34.0%(83人)などであった。


アップデートとスキャンとも、「気がついた時」に実行するが大半を占める結果となった。


また、「スキャンで怪しいファイルが見つかったときにどのような対応をしましたか」と質問したところ、「ウイルス対策ソフトで削除」が76.7%(89人)とやはり一般的な対応が多数だった。しかし、中には「駆除ツールでウイルスを削除する」というような対策を行う人も見られた。

Q:インストールしているウイルス対策ソフトをアップデートする頻度を教えてください

インストールしているウイルス対策ソフトをアップデートする頻度を教えてください

Q:ウイルススキャンをおこなう頻度を教えてください

ウイルススキャンをおこなう頻度を教えてください

Q:怪しいファイルが見つかったときにどのような対応をしましたか

怪しいファイルが見つかったときにどのような対応をしましたか

(2008年7月11日~15日、20~60代以上のインターネットユーザー300人)

調査記事一覧(2008年3月6日~2010年6月24日)