1. 市場調査・マーケティングリサーチ会社のマーシュ
  2. デイリーリサーチ
  3. グルメサイトに関するアンケート調査(2009年7月)
2009年7月16日

グルメサイトに関するアンケート調査(2009年7月)

グルメサイトで参考にするのは、「クーポン」よりも「メニュー」

インターネットコム株式会社と株式会社マーシュは、「グルメサイトに関する調査」を行い、グルメサイトの利用状況を探った。


調査対象は、全国の10代~60代以上のインターネットユーザー300人。男女比は男性50.0%、女性50.0%、年齢別は、10代1.7%、20代18.3%、30代20.0%、40代20.0%、50代20.0%、60歳以上20.0%。


まず、グルメサイトの利用度を見よう。「あなたは飲食店検索サイト(グルメサイト)を利用することがありますか」との質問を行った。


「よく利用する」との回答は14.7%(44人)。「ある程度利用する」は17.7%(53人)、「たまに利用する」34.3%(103人)までを合計すると66.7%となる。「利用したことはある」16.0%(48人)まで含めると82.7%となり、グルメサイトの利用経験者は8割を超えているのがわかった。


では、どのようなサイトが利用されているのだろうか。「よく使う飲食店検索サイトはどこですか」との質問に単数回答で回答してもらった。


最も回答を集めたのは「ぐるなび」で62.1%(154人)と6割を超える結果となった。以下は「ホットペッパー.jp」17.7%(44人)、「Yahoo! グルメ」12.5%(31人)となり、この3サイトで9割を超えた。


最後にグルメサイトの説明で参考にする項目を見よう。「飲食店検索サイトの説明で、参考にする項目は何ですか」との質問を行った。


最も回答を集めたのは「メニュー」で80.6%(200人)と8割を超えている。それに次いだのは「地図(アクセス方法)」で76.6%(190人)。以下は「営業時間」54.8%(135人)、「写真」と「予算」が54.4%(135人)、「クーポン」54.0%(134人)と続いた。


クーポンのような付加的なお得情報よりも、メニューや地図など、店舗そのものに関する情報が重要とされているようだ。なお、「口コミ評価」も37.9%(94人)と3割を超える回答を集める結果となっている。


Q:あなたは飲食店検索サイト(グルメサイト)を利用することがありますか

飲食店検索サイトの利用頻度

Q:よく使う飲食店検索サイトはどこですか

よく使う飲食店検索サイト

Q:飲食店検索サイトの説明で、参考にする項目は何ですか

飲食店検索サイトで参考にする項目

(2009年7月9日~12日 全国在住の10代~60代以上の男女300人)

調査記事一覧(2008年3月6日~2010年6月24日)