1. 市場調査・マーケティングリサーチ会社のマーシュ
  2. デイリーリサーチ
  3. 家庭のパソコン環境に関するアンケート調査(2009年9月)
2009年9月17日

家庭のパソコン環境に関するアンケート調査(2009年9月)

自宅でのパソコン使用、椅子派が約64%、お座り派は約33%

インターネットコム株式会社と株式会社マーシュは、「家庭のパソコン環境に関する調査」を行い、インターネットユーザーの自宅におけるパソコンの使用環境を探った。


調査対象は、全国の10代~60歳以上のインターネットユーザー300人。男女比は男性50.0%、女性50.0%、年齢別は、10代1.0%、20代19.0%、30代20.0%、40代20.0%、50代20.0%、60歳以上20.0%。


まず、自宅で使用されているパソコンの数を見てみよう。「自宅では何台のパソコンが使用されていますか」との質問を行った。使用されてないパソコンは除外して答えてもらった。


「1台」との回答は48.0%(144人)と半数程度。そのほかは、「2台」が30.3%(91人)、「3台」13.7%(41人)、「4台以上」8.0%(24人)となっており、複数のパソコンが使用されている家庭も半数程度で、パソコンは一家に1台以上の時代となっているようだ。


次にパソコンの設置場所を見てみよう。「メインのパソコンはどの部屋に置いてありますか」との質問を行ったところ、最も回答を集めたのは「居間」で52.7%(158人)であった。メールなど、プライベートなデータも扱うことの多いパソコンだが、家族の集まりやすい居間に置かれることが多いようだ。


以下は「自分の部屋」21.3%(64人)、「書斎」8.7%(26人)、「部屋はひとつしかない」6.0%(18人)と続いた。


最後にパソコンの設置方法を見よう。メインで使用しているパソコンについて「おもにどのような体勢で使用していますか」との質問を行い、キーボードの設置場所と自分の体勢の組み合わせを選んでもらった。


最も回答を集めたのは「机+椅子」で33.3%(100人)、それに次いだ「パソコン専用ラック+椅子」31.0%(93人)との合計は64.3%となった。6割以上が椅子派だ。


一方、「机+座って」は25.7%(77人)で、「パソコン専用ラック+座って」6.3%(19人)、「床に直置き+座って」1.3%(4人)との合計は33.3%と3割程度であった。


椅子派とお座り派の比率は6:3程度だが、パソコン専用ラック使用者では5:1程度に差が開いている点は興味深い。

Q:自宅では何台のパソコンが使用されていますか

自宅でのパソコン使用台数

Q:メインのパソコンはどの部屋に置いてありますか

メインのパソコンを置いてある部屋

Q:おもにどのような体勢で使用していますか

パソコン使用時のおもな体勢

(2009年9月10日~14日 全国在住の10代以上の男女300人)

調査記事一覧(2008年3月6日~2010年6月24日)