1. 市場調査・マーケティングリサーチ会社のマーシュ
  2. デイリーリサーチ
  3. ネット利用に関するアンケート調査(2010年4月)
2010年4月1日

ネット利用に関するアンケート調査(2010年4月)

ネットを使いはじめた目的「知人とのコミュニケーション」が4割

インターネットコム株式会社と株式会社マーシュは、「ネット利用に関する調査」を行い、インターネット利用に関する意識を探った。


調査対象は、全国の10代~60代以上のインターネットユーザー300人。男女比は男性50.0%、女性50.0%、年齢別は、10代1.0%、20代19.0%、30代20.0%、40代20.0%、50代20.0%、60代以上20.0%。


まず、ユーザーのネット利用歴を見よう。「あなたのパソコンでのインターネット利用歴はどのぐらいですか?」との質問を行った。


その結果、「10年以上」との回答が最も多く、39.7%(119人)となっており、それに次ぐ「5年~10年程度」38.0%(114人)との合計は77.7%と8割にせまる割合となった。なお、2009年7月の調査結果では、利用歴5年以上は76.0%であった。


次にネットを利用し始めた理由を見よう。「あなたはどのような目的でインターネットを利用し始めましたか?」との質問を行い、複数回答で用意した選択肢を選んでもらった。


最も回答を集めたのは「知人とのコミュニケーション(メール、メッセンジャー、SNS など)」で、41.7%(125人)。以下は「サイトや掲示板を使った情報収集(ニュースサイト、2ちゃんねるなど)」35.3%(106人)、「仕事」41.7%(77人)と続いた。


それぞれ、前回調査から割合が増加しているが、中でも「情報収集」は28.3%から7ポイントも増加している。


最後にユーザーが、インターネットをどの程度重要だと感じているのかを見よう。「あなたにとってインターネットは、どの程度重要ですか?」との質問を行った。


その結果、「なくなったらとても困る」との回答は62.0%(186人)で、「なくなったらある程度困る」26.7%(80人)との合計は88.7%。「なくなったら少し困る」9.7%(29人)まで含めると98.4%と、前回調査時の97.7%からさらに上昇した。


それ以外の回答は、「なくなってもあまり困らない」が1.0%(3人)、「なくなってもまったく困らない」や「むしろなくなってほしい」との回答はいずれも0.3%(1人)であった。


Q:あなたのパソコンでのインターネット利用歴はどのぐらいですか?

パソコンでのインターネット利用歴はどのぐらいですか?

Q:あなたはどのような目的でインターネットを利用し始めましたか?

どのような目的でインターネットを利用し始めましたか?

Q:あなたにとってインターネットは、どの程度重要ですか?

あなたにとってインターネットは、どの程度重要ですか?

(2009年3月24日~26日 全国在住の10代~60代以上の男女300人)

調査記事一覧(2008年3月6日~2010年6月24日)