自主調査交通機関・自動車

飛行機に関するアンケート調査

このエントリーをはてなブックマークに追加


調査概要

調査名: 飛行機に関するアンケート調査
対象者: 1都3県在住の20~59才男女、「D STYLE WEB」新規登録者
かつ旅客飛行機(国内線)の搭乗経験者
サンプル数: 300s
割付:
  男性 女性
20代 50s 50s 100s
30代 50s 50s 100s
40代+50代 50s 50s 100s
150s 150s 300s
実査期間: 平成17年7月1日~平成17年7月27日
調査方法: インターネット調査(マーシュの自社モニター )
調査機関: 株式会社マーシュ


国内の航空会社における利用者の状況把握と各社に対するイメージを「D STYLE WEB」新規モニター300人に聞いてみた。


調査結果

あなたが飛行機を利用する目的をすべてお知らせ下さい。(MA)

【飛行機利用の目的】

【飛行機利用の目的 N=300】
【全体】
観光が最も高く245件となっており、次いで帰省の72件、ビジネスの66件と続いている。

あなたが、交通手段として飛行機を選択する理由をお知らせください。(MA)

【交通手段として、飛行機を選択する理由】

【交通手段として、飛行機を選択する理由 N=300】
【全体】
「目的地へ早くいける」の時間的要素が最も高く、238件を占めている。一方、「安全だから」という理由は、1件ときわめて、低い結果となっている。

あなたが、国内線を利用する際に利用する航空会社を気にしますか。(SA)

【国内線利用航空会社、気にする度合い】

【国内線利用航空会社、気にする度合い N=300】
【全体】
国内線利用時で、41%が「気にする」、一方31,3%が「気にしない」という結果となっている。
【年代別】
年代別にみると20代が、他の年代に比べ、気にする割合が高くなっている。

それぞれの項目について、イメージに近いと思う国内の航空会社を一つだけお知らせください。(SA)

■信頼性 N=300

【最も信頼できる】   【最も信頼できない】
第1位 全日空
(ANA)
191人 63.7%
第2位 日本航空
(JAL)
89人 29.7%
第3位 スカイマークエアラインズ
(SKY)
8人 2.7%
第1位 日本航空
(JAL)
107人 35.7%
第2位 スカイネットアジア航空
(SNA)
97人 32.3%
第3位 北海道国際航空
(ADO)
33人 11.0%

■企業イメージ N=300

【最もイメージが良い】   【最もイメージが悪い】
第1位 全日空
(ANA)
200人 66.7%
第2位 日本航空
(JAL)
57人 19.0%
第3位 ジャルエクスプレス
(JEX)
10人 3.3%
第4位 スカイマークエアラインズ
(SKY)
10人 3.3%
第1位 日本航空
(JAL)
146人 48.7%
第2位 スカイネット アジア航空
(SNA)
58人 19.7%
第3位 北海道国際航空
(ADO)
28人 9.3%

■旅客運賃の印象 N=300

【最も格安なイメージ】   【最も割高なイメージ】
第1位 スカイマークエアラインズ
(SKY)
132人 44.0%
第2位 スカイネットアジア航空
(SNA)
44人 14.7%
第3位 ジャルエクスプレス
(JEX)
42人 14.0%
第1位 日本航空
(JAL)
195人 65.0%
第2位 全日空
(ANA)
54人 18.0%
第3位 ジャルエクスプレス
(JEX)
13人 4.3%

■サービスの印象 N=300

【最もサービスが良いと思う】   【最もサービスが悪いと思う】
第1位 全日空
(ANA)
162人 54.0%
第2位 日本航空
(JAL)
103人 34.3%
第3位 エアーニッポン
(ANK)
8人 2.7%
第1位 スカイネットアジア航空
(SNA)
75人 25.0%
第2位 日本航空
(JAL)
68人 22.7%
第3位 スカイマークエアラインズ
(SKY)
52人 17.3%

■トラブルの印象 N=300

【最もトラブルが少ない】   【最もトラブルが多い】
第1位 全日空
(ANA)
166人 55.3%
第2位 日本航空
(JAL)
38人 12.7%
第3位 スカイマークエアラインズ
(SKY)
31人 10.3%
第1位 日本航空
(JAL)
210人 70.0%
第2位 スカイネットアジア航空
(SNA)
28人 9.3%
第3位 全日空
(ANA)
18人 6.0%

■今後の利用意向 N=300

【今後、最も利用したい】   【今後、最も利用したくない】
第1位 全日空
(ANA)
163人 54.3%
第2位 日本航空
(JAL)
53人 17.7%
第3位 スカイマークエアラインズ
(SKY)
31人 10.3%
第1位 日本航空
(JAL)
127人 42.3%
第2位 スカイネットアジア航空
(SNA)
78人 26.0%
第3位 北海道国際航空
(ADO)
32人 10.7%

飛行機は安全な乗り物だと思いますか。(SA)

【飛行機の安全意識】

【飛行機の安全意識 N=300】
【全体】
過半数の65,3%が安全な乗り物という意識状況となっている。危険な乗り物という意識は5%の留まっている。
【年代別】
年代別にみると30代の危険意識が、他の年代よりも高くなっている。


自主調査データの転載・引用のご希望やご質問は、 info@marsh-research.co.jp までお問い合わせください。

アンケート調査をご依頼いただけます

お探しの調査データが見つからなかった場合は、新たにアンケート調査をご依頼いただけます。その場合は、お客様のご指定の対象者、質問項目にて実施することができます。ネットリサーチの場合でしたら、40,000円から実施可能です。→ネットリサーチ実施料金

ニュースレター

マーシュでは毎月1回、最新の自主調査などをご紹介するニュースレターをメールでお送りしています。

弊社で実施した最新の自主調査のお知らせ・自主調査 月間アクセスランキング・無料マーケティングリサーチセミナーのお知らせ・お客様からいただくご質問や調査の実例を元にした、リサーチに関するQ&Aのご紹介・マーシュからのお知らせ無料購読はこちら