自主調査美容・ファッション

ジーンズ(ジーパン)に関するアンケート調査

このエントリーをはてなブックマークに追加


調査概要

調査名: ジーンズ(ジーパン)に関するアンケート調査
対象者: 全国在住の20~59才男女で、1本以上ジーンズ(ジーパン)を持っている方
サンプル数: 300s
割付:
  男性 女性
20代 50s 50s 100s
30代 50s 50s 100s
40代+50代 50s 50s 100s
150s 150s 300s
実査期間: 平成17年9月12日~平成17年9月30日
調査方法: インターネット調査(マーシュの自社モニター )
調査機関: 株式会社マーシュ

対象者属性

年代 N=300
年代
男女別 N=300
男女別

未既婚 N=300
未既婚


調査結果

ジーパンを何本くらい持っていますか。(SA)

【ジーパンの保有本数】

【 ジーパンの保有本数 N=300】
【全体】
ジーパンの保有本数をたずねたところ、最も高い結果となったのは「3本」の22%であった。
次いで、「5本」の18,3%、「2本」の16,3%と続いている。全体での平均保有本数は「3,82本」となっている。
【男女別】
男女別にみると、男性よりも女性の方が保有本数が多く、男性の平均保有本数が「3,29本」に対し、女性の平均保有本数は「4,35本」となっている。

ジーパンをどれくらいの頻度で購入しますか。(SA)

【ジーパン購入頻度】

【 ジーパン購入頻度 N=300】
【全体】
ジーパンの購入頻度をたずねたところ、最も高い結果となったのは「6ヶ月に1本程度」の29,3%であった。
次いで、「1年に1本程度」の27,3%、「2~3年に1本程度」の21%と続いている。
【男女別】
男女別にみると、男性よりも女性の方が購入頻度が多く、「2~3ヶ月に1本」以上の比較的多い購入層では、男性が10%程度であるのに対し、女性は20%弱と10ポイントの差が出ている。

ジーパンは、大体いくらくらいのものを購入していますか。(SA)


平均購入金額 最低購入金額 最高購入金額
全体 N=300 8,061円 1,000円 90,000円
男性 N=150 7,995円 1,000円 50,000円
女性 N=150 8,127円 1,000円 90,000円

【ジーパン購入金額 N=300】
【全体】
ジーパンの購入金額をたずねたところ、平均購入金額は、8,061円となった。
【男女別】
男女別にみると、男性よりも女性の方が購入金額の平均が200円弱、高くなっている。

ジーパンをどこで購入しますか。(MA)

【ジーパン購入場所】

【ジーパン購入場所 N=300】
【全体】
ジーパンの購入場所をたずねたところ、最も高い結果となったのは「カジュアルショップ」の52,3%であった。
次いで、「専門店」の36,7%、「デパート」の25%と続いている。
【男女別】
男女別にみると、男性は「カジュアルショップ」や「専門店」に集中しているのに対し、女性は、それ以外の場所にもある程度、分散している。「デパート」や 「ショッピングセンター」については、男性は全体より5ポイント以上低く乖離している。一方女性は、全体より5ポイント以上高く乖離している。

ジーパンを購入する際、試着をしますか。(SA)

【ジーパン購入時、試着の意識状況】

【ジーパン購入時、試着の意識状況 N=300】
【全体】
ジーパン購入時の試着の有無(意識状況)をたずねたところ、「必ずする」という回答が79,7%の大多数を占める結果となった。「必ずする」と「する」を合算すると97%と圧倒的多数となっている。
【男女別】
男女別にみると、女性の方が「必ずする」という回答の比率が男性に比べやや高くなっている。また、「必ずする」と「する」を合算でも、女性の方がやや高くなっている。

ジーパンのブランドにこだわりがありますか。(SA)

【ジーパンのブランドへのこだわり】

【ジーパンのブランドへのこだわり N=300】
【全体】
ジーパンのブランドへのこだわり度合いをたずねたところ、回答が分散し、「どちらともいえない」が最も高い結果となった。
『全体 平均スコア』 -0.2
【男女別】
男女別にみると、女性よりも男性の方が「こだわりのある」割合が高く、一方、男性よりも女性の方が「こだわりのない」割合が高くなっている。
『男性 平均スコア』 +0.6
『女性 平均スコア』 -1.1
※平均スコアは、「かなりある」+10、「ある」+5、「どちらともいえない」+-0、「ない」-5、「まったくない」-10で算出した。

最も好きなジーパンのブランドを具体的にお書きください。(FA)
★好きなブランド ベスト5


第1位 第2位 第3位 第4位 第5位 好きな
ブランドなし
全体 N=300 リーバイス
(32%)
エドウイン
(17,7%)
リー
(6%)
サムシング
(3,7%)
ユニクロ
(2,7%)
17%
男性 N=150 リーバイス
(37,3%)
エドウイン
(22,7%)
リー
(8%)
ボブソン
(2,7%)
ラングラー
(2,7%)
16,7%
女性 N=150 リーバイス
(26,7%)
エドウイン
(12,7%)
サムシング
(7,3%)
ユニクロ
(4,7%)
リー
(4%)
17,3%

【好きな理由の一部 N=300】

■リーバイス N=96

  • シルエット・デザインが素晴らしい。新製品も毎回いいものばかりなのでチェックしています。(男性22才:大学生)
  • 昔からはきなれているから。かっこいいから。(男性38才:自営業)
  • ジーンズの定番だと思っているから。(45才:その他職業)
  • はき心地がよく、はいているとどんどん味が出てきていろんな着回しができるから。(女性22才:大学生)
  • デザインがシンプルではきやすい。(女性33才:営業職)
  • ブランド自体の安心感と、お尻があまり目立たなく着用できるところ。(女性43才:専業主婦)

■エドウイン N=53

  • ジーパンらしさが一番出ているブランドだと思うから。(男性21才:大学生)
  • 日本人にはしっくりくる感じがする。(男性30才:技術・専門職)
  • 作りもしっかりしていて、はき心地が良い。(男性41才:その他職業)
  • デザインが豊富。裾あげしても形が変にならない。(女性23才:パートアルバイト)
  • 生地がしっかりしている、形が好み、価格が安い。(女性35才:専業主婦)
  • 若い時に履いていて、また上などの形が好きだった。(女性54才:無職)

■リー N=18

  • 一流ブランドのイメージがある。自己満足。(男性29才:自営業)
  • 初めにジーパンに興味を持ったときのブランドだから。(男性38才:技術・専門職)
  • スタイルが好きで、はき心地が良い。(男性45才:公務員)
  • みんなしっているから。(女性29才:管理職)
  • 昔から有名だから。(女性44才:パートアルバイト)
  • 色落ちがきれいだから。(女性51才:専業主婦)

■サムシング N=11

  • 一番はきやすくて形が好きだから。(女性24才:専業主婦)
  • ビーナスジーンは体型に合っていてしっくりくるし値段も手ごろ。はいた時のシルエットがいい。(女性34才:専業主婦)
  • 形がきれいだから。(女性44才:パートアルバイト)

■ユニクロ N=8

  • 安くてサイズがあるから。(男性53才:自営業)
  • すそ上げも無料だし、試着できるから。(女性37才:専業主婦)
  • 1.値段が安い、2.サイズが合う、3.品質が良い、4.デザインが好き(女性52才:その他職業)

ジーパンの良いところ、良くないところ(FA)

【良いところ N=300 意見の一例】

■男性

  • 履きこむほどに味が出る、一本一本違う。(22才:大学生)
  • 丈夫で長くはける。自分のはき方によって色落ちなどが楽しめる。(27才:販売・サービス職)
  • 春夏秋冬履ける。(30才:パートアルバイト)
  • しわになることやプレスラインが消えてしまうことなどを気にしないで履けるところ。(37才:技術・専門職)
  • 老若男女、誰でも性別年齢関係なしで着こなせるところ。(46才:営業職)
  • 丈夫である。汚れても目立たない。普段着に最適。(55才:自営業)

■女性

  • 女の子らしくなりすぎず、動きやすい。あわせやすいものが多いと思います。(20才:専門学生)
  • 合わせやすいアイテム!トップの組み合わせでイロイロ雰囲気を変えれるし便利♪(26才:その他職業)
  • カジュアルにもフェミニンにも対応できて、気軽に利用できる(30才:専業主婦)
  • 子供が小さいので、汚れても気にせずに済み、動きやすい。(36才:専業主婦)
  • 動きやすい。軽快なイメージ。コーディネートしやすい。気軽。(40才:パートアルバイト)
  • 動きやすく、堅苦しくない。(52才:専業主婦)

【良くないところ N=300 意見の一例】

■男性

  • むれる。通気性が悪い。(21才:大学生)
  • 目上の方に会いに行く時、拒絶反応が出ることも・・・(27才:その他職業)
  • 夏場に汗をかくと足にひっつくところ。(33才:事務職)
  • 履いてる人口が多いから個性が出しにくい。(36才:技術・専門職)
  • はいて行ける場所が限られる。(41才:その他職業)
  • 足が短く見える。丈が合わない。(53才:営業職)

■女性

  • 太るとサイズがきつくなるところ。(22才:大学生)
  • 自分に合った形(サイズ)を見つけるのに苦労する。(29才:専業主婦)
  • 裾上げが必要な点。(34才:パート・アルバイト)
  • 洗濯時に色落ちするので他のものと一緒に洗えなく、不経済。(37才:販売・サービス職)
  • 履いていく場所や、見る人によってはその場にふさわしくないようなとらえかたをされる。(43才:専業主婦)
  • 生地が厚いのでひざを曲げたりする時など動きにくい。(54才:無職)

自主調査データの転載・引用のご希望やご質問は、 info@marsh-research.co.jp までお問い合わせください。

アンケート調査をご依頼いただけます

お探しの調査データが見つからなかった場合は、新たにアンケート調査をご依頼いただけます。その場合は、お客様のご指定の対象者、質問項目にて実施することができます。ネットリサーチの場合でしたら、40,000円から実施可能です。→ネットリサーチ実施料金

ニュースレター

マーシュでは毎月1回、最新の自主調査などをご紹介するニュースレターをメールでお送りしています。

弊社で実施した最新の自主調査のお知らせ・自主調査 月間アクセスランキング・無料マーケティングリサーチセミナーのお知らせ・お客様からいただくご質問や調査の実例を元にした、リサーチに関するQ&Aのご紹介・マーシュからのお知らせ無料購読はこちら