自主調査食品・飲料

ノンアルコール市場実態アンケート調査

このエントリーをはてなブックマークに追加

調査結果概略

ノンアルコール飲料の飲用経験は約4割。

週1回以上の飲用を習慣化している人は、1割程度と少ない。震災時に、水やソフトドリンクの代用品として需要を伸ばしたが、飲用きっかけに繋がる結果にはなっていない。
また、最も好意度の高い飲料は、コーヒー類やお茶類。季節的要素も強いと見られるが3位にビールが入る。最近人気を博する炭酸飲料も、4位と健闘。ノンアルコール類は、1%にも満たず普段飲みの選択肢に入っていない。

調査概要

調査名: ノンアルコール市場実態アンケート調査
調査テーマ: 活況にあるノンアルコール市場の実態把握
対象者: 一都三県在住の20歳以上の男女
調査項目:
  • 普段の飲酒頻度
  • 飲酒の好意度
  • 普段のノンアルコール飲料の飲用頻度
  • 飲用するノンアルコール飲料
  • ノンアルコール飲料の飲用きっかけ
  • 最も好意度の高い飲料
  • ノンアルコールの長所
サンプル数: 500s
割付:
  男性 女性
20代 50s 50s 100s
30代 50s 50s 100s
40代 50s 50s 100s
50代 50s 50s 100s
60代以上 50s 50s 100s
250s 250s 500s
実査期間: 2011年7月29日(金)~8月1日(月)
調査方法: インターネット調査(マーシュの自社モニター )
調査機関: 株式会社マーシュ

対象者属性

性別 N=500
性別
年代 N=500
年代

居住地域 N=500
居住地域
未既婚・子供有無  N=500
未既婚・子供有無

職業  N=500
職業


調査結果

Q1.あなたは、普段アルコール飲料(ビール、第3のビール、発泡酒、ワイン、焼酎、日本酒 等)を飲用しますか。(一つ選択)
※自宅内外は問いません

普段の飲酒頻度

■普段の飲酒頻度 N=500s
普段のアルコール飲料の飲用について尋ねたところ、最も多かったのは「週1~2日程飲む」という回答で、22.6%。次いで、「それ以下(週1~2日以下)の頻度」が20.6%、「ほぼ毎日」(18.4%)が続く。また、週1回以上の飲酒は全体の約6割。

Q2.アルコール飲料を飲む方にお伺い致します。あなたは、アルコール飲料がどのくらい好きですか。(一つ選択)

飲酒の好意度

■飲酒の好意度 n=396s
前問で「全く飲まない」以外の人が回答
アルコール飲料がどのくらい好きかを尋ねたところ、「非常に好き」と回答は28.5%。 「まぁ好き」を含めた「好き(計)」では78.8%と、非常に高い結果。

Q3.あなたは、普段ノンアルコール飲料(ビール、ワイン、日本酒等のノンアルコール飲料)を飲用しますか。(一つ選択)
※自宅内外は問いません

普段のノンアルコール飲料の飲用頻度

■普段のノンアルコール飲料の飲用頻度 N=500s
普段のノンアルコール飲料の飲用について尋ねたところ、「ノンアルコール飲料は全く飲まない」と回答したのが62.0%。ノンアルコール飲料を週1回以上飲む人は、全体の13.6%とアルコール飲料の飲用と比べると低めの結果。

Q4.あなたが、普段飲むノンアルコール飲料の種類を全てお知らせください。(複数選択可)

飲用するノンアルコール飲料

■飲用するノンアルコール飲料 n=190s
前問で「全く飲まない」以外の人が回答
普段飲むノンアルコール飲料を尋ねたところ、ビールがトップで82.1%。
次いで、トップに大差をつけて「カクテル」(18.4%)、「甘酒」(17.9%)が続く。

Q5.あなたが、ノンアルコール飲料を飲むようになった一番のきっかけをお知らせください。(一つ選択)

ノンアルコール飲料の飲用きっかけ

【Q3でノンアルコール飲料を週1回以上飲用する方】
■ノンアルコール飲料の飲用きっかけ n=68s
ノンアルコール飲料を飲むようになった一番のきっかけを尋ねたところ、「運転をする時に飲める」が最も多く26.5%。次いで、「アルコールを飲む場の雰囲気に合わせられる」「興味本位から(話題性があるため)」が同率の14.7%で続く。

Q6.価格や容量は考慮せず、率直な意見をお知らせください。あなたが、本当はいつも好んで飲みたいと思うものをお知らせください。(一つ選択)

最も好意度の高い飲料

■最も好意度の高い飲料 N=500s
価格や容量を考慮せず、いつも好んで飲みたいと思う飲料を尋ねたところ、「コーヒー類」が最も多く22.8%。 次いで、「お茶類」が16.8%、「ビール類」が15.8%と続く。最近人気の高い炭酸飲料も4位と健闘を見せる。

Q7.ノンアルコール飲料を飲む方にお伺いします。ご家族やお友達に、ノンアルコール飲料の良さを教えるとしたら、どのように勧めますか。
(自由記述の抜粋)

【Q3でノンアルコール飲料を週1回以上飲用する方】
■ノンアルコールの長所 n=68s
※【】内は、左から「年代」「性別」「最も好意度の高い飲料(Q6)」

【20代 男性/お茶類】

「気分だけ味わえる」 

【20代 男性/野菜ジュース】

「アルコールが苦手な人でも気軽に飲める」

【30代 男性/ビール類】

「最近おいしいものがある」

【30代 男性/コーヒー類】

「飲み会で今日はアルコールを控えたいなぁ、という時でも周りの雰囲気を壊さずにいられる。」

【40代 男性/ビール類】

「最近のノンアルコールビールは本当にビールに近くなった。飲めるよ。」

【40代 男性/ノンアルコールビール】

「酔わないし乱れないから安心して最後までお付き合いが出来ます。」

【50代 男性/ビール類】

「車でしか行けない飲食店でも、アルコールを気にせず飲めて、しかもビールの雰囲気を味わえるのでグッド!」

【50代 男性/ビール類】

「休日のランチに合わせて最適な飲み物、ビール風味でアルコールゼロ、自動車も自転車も乗れて、快適な買い物が出来る。」

【50代 男性/ビール類】

「のどが乾いたときガブガブ飲め、何よりも酔わない」

【60代以上 男性/コーヒー類】

「味は、ビールの感じのソフトドリンク。」

【60代以上 男性/コーヒー類】

「アルコールの害を気にせず気軽に飲めるのでうれしいよ」

【60代以上 男性/ビール類】

「飲んでも運転にさし使えないよ。」

【20代 女性/コーヒー類】

「体調にかかわらずいつでも飲める。」

【20代 女性/炭酸飲料】

「明日に響かせたくない時や、仕事がまだ残っている時でも、お酒を飲んでいる時のような雰囲気が楽しめて気分が盛り上がるよ!」

【30代 女性/お茶類】

「妊娠中や授乳中も飲める」

【30代 女性/乳酸飲料】

「授乳中でも飲めるよ!ということ。気分はお酒気分だし。最近は種類も色々出てきたし。炭酸ブームだし。最近はノンアルコールビールを使ったノンアルコールカクテルの作り方とかも店頭にポップで出てるよ!と、すすめたいです。」

【40代 女性/ワイン】

「何か用事があるときなど罪悪感なしに飲めてよい。」

【40代 女性/ワイン】

「雰囲気を味わうときや、これから仕事や用事があるときに支障にならず楽しめるよ。」

【50代 女性/コーヒー類】

「酔わずにアルコールのテイストを楽しめる。」

【50代 女性/ビール類】

「肝臓をやすませられる。 運転の用事があるときに、 がまんしなくてすむ。」

【60代以上 女性/コーヒー類】

「酔わないから気軽にビ-ルののど越しの良さを味わってほしい」

【60代以上 女性/炭酸飲料】

「アルコールを飲む雰囲気で飲んだ後、車の運転ができる」


自主調査データの転載・引用のご希望やご質問は、 info@marsh-research.co.jp までお問い合わせください。

アンケート調査をご依頼いただけます

お探しの調査データが見つからなかった場合は、新たにアンケート調査をご依頼いただけます。その場合は、お客様のご指定の対象者、質問項目にて実施することができます。ネットリサーチの場合でしたら、40,000円から実施可能です。→ネットリサーチ実施料金

ニュースレター

マーシュでは毎月1回、最新の自主調査などをご紹介するニュースレターをメールでお送りしています。

弊社で実施した最新の自主調査のお知らせ・自主調査 月間アクセスランキング・無料マーケティングリサーチセミナーのお知らせ・お客様からいただくご質問や調査の実例を元にした、リサーチに関するQ&Aのご紹介・マーシュからのお知らせ無料購読はこちら