自主調査暮らし・生活用品

ビニール傘に関するアンケート調査

このエントリーをはてなブックマークに追加

総括

急場しのぎの使い捨て?ビニール傘の使用実態

ビニール傘イメージ 環境問題対策として「エコ」が推進されるようになってから随分経つが、未だにエコでないものの 1 つに ビニール傘があるだろう。どこでも購入することができ、値段も手頃なため、急な雨によって濡れることを避けられる便利ツールである一方、気が付いたらかなりの本数が家に眠っていたり、電車内や外出先で忘れられていたりと、あまり大事に扱われていない印象がある。更に、壊れた物も含めて分別に手間が掛かり、駅や街中に放置されているものも多く、エコとは程遠いアイテムであると言えそうだ。そこで今回は、ビニール傘の使用実態と意識を調べるため、過去 1 年以内にビニール傘を購入した 500 名を対象にインターネットアンケートを実施した。


 はじめに事前調査で、雨の日に使用する傘を尋ねると、布製の長傘が最も多く 7 割強となり、次いで折りたたみ傘が 6 割半ば、ビニール傘が 6 割弱と続いた。更にその中で、最もよく使用する傘については、布製の長傘が 5 割、ビニール傘が 3 割弱、折りたたみ傘が 2 割弱となり、急な雨に便利なビニール傘だが、使用者の半数近くが最もよく使用する傘に挙げるという結果になった。


 続いて本調査で、ビニール傘の用途を問うと、「急場しのぎ」が最も高く 8 割強であったが、「急場しのぎ」で購入した人の半数近くが「普段使い」「置き傘」「来客用」のいずれかでも使用していると回答しており、急な雨を避けるために購入したビニール傘であっても、その後に何かしらの方法で使用している様子が窺えた。更に、ビニール傘を普段使いすると回答した人に、その理由を尋ねると、「紛失や盗難にあってもショックが少ないから」が最も高く約 6 割、次いで「 透明で視界が良いから」、「軽くて持ち運びしやすいから」が 5 割台と続き、この 3 つが主な理由であった。


 最後にビニール傘を、どのタイミングで処分する(手放す)のかを尋ねると、「壊れて捨てる」が圧倒的に高く 9 割、次いで「外出中に紛失する」が 4 割弱、「外出中に盗まれる」が 2 割強と続いた。ビニール傘を普段使いする理由として、「紛失や盗難にあってもショックが少ないから」と回答した人のうち、実際に外出時の紛失や盗難を経験している人は、 7 割を占め、実体験から 【 傘 = 紛失・盗難 】 のイメージを持っていると言えそうだ。


 今回の調査結果からは、 急場しのぎでビニール傘を購入した後、何かしらの用途で使用している人が一定数存在し、完全な使い捨てではなく、ある意味「エコ」とも言えそうな状況も窺えた。


 しかし、ビニール傘に対し、「エコ」「非エコ」の感覚はなく、「急な雨」に対応できる「便利アイテム」としての感覚がメインの為、常に持ち歩けるような、 【 コンパクトで軽量な折り畳み傘 】 の開発・普及こそが、ビニール傘のエコ化へ繋がるのではないだろうか。

調査概要

調査名: ビニール傘に関するアンケート調査
対象者:
  • 全国在住
  • 1 年以内にビニール傘を購入した方
調査項目:
  • 属性(性、年代、職業、居住地)
  • ビニール傘の用途
  • ビニール傘の購入重視点
  • ビニール傘の購入色
  • ビニール傘の購入場所
  • ビニール傘の購入価格帯、価格意識
  • ビニール傘の保有本数
  • ビニール傘の処分方法
サンプル数: 500s
割付:
 
20代
30代
40代
50代
60代
男性 50s 50s 50s 50s 50s
女性 50s 50s 50s 50s 50s
実査期間: 2015 年 5 月 22 日~ 24 日
調査方法: インターネット調査(マーシュの自社モニター )
調査機関: 株式会社マーシュ

この調査の報告書(レポート)、集計、ローデータは、下記より無料でダウンロードしていただけます。(一部の調査を除きます)

ダウンロードする

対象者属性

性別 N=500
性別
年代 N=500
年代

職業 N=500
職業
居住地 N=500
居住地

1年以内のビニール傘購入 N=500
1年以内のビニール傘購入


調査結果

【事前調査】

Q.あなたが、雨の日に使用する傘の種類をお知らせください。(複数選択可)
Q.また、その中で最もよく使用する傘をお知らせください。(一つ選択)

雨の日にビニール傘を使用する人は 6 割弱、そのうち最もよく使用する人は 3 割弱に上る。
 
N=2010 ※N数は本調査対象外も含む全回答者
  使用する傘としては、折りたたみ傘の6割半ばを下回るものの、最もよく使用する傘としては、折りたたみ傘を1割近く上回った。

雨の日に使用する傘の種類

Q.あなたは過去1年以内に、ビニール傘を購入しましたか。(一つ選択)

1年以内にビニール傘を購入した人は約3割。 n=1935 n数は本調査対象外も含む傘使用者
  3~4人に1人が、1年以内にビニール傘を購入した結果となった。

1年以内に、ビニール傘を購入経験

【本調査】

Q.ビニール傘の用途をお知らせください。(複数選択可)

ビニール傘を「普段使い」すると回答した30代以下は約半数。 N=500
  若年層ほど、ビニール傘の使用を急場しのぎに留まらず、普段から使っている様子が窺えた。

ビニール傘の用途

Q.ビニール傘を普段使いする理由をお知らせください。(複数選択可)

ビニール傘を普段使いする理由について、「紛失や盗難のショックが少ない」と回答した40-50代は7割前後。 n=206
  続く「透明で視界が良い」と回答した人は、30代を除き6割前後となり、ビニール傘特有の透明な素材が、普段使いをする理由に関係していると言えそうだ。

ビニール傘を普段使いする理由

Q.ビニール傘購入時に重視することをお知らせください。(複数選択可)
Q.また、その中で最も重視することをお知らせください。(一つ選択)

ビニール傘購入時に重視することは、価格が最も高く9割弱、次いでサイズが6割と続く。 N=500
  その他の機能やデザインに関することを重視している人は、1~2割台に留まった。

ビニール傘購入時に重視すること、また、その中で最も重視すること

Q.あなたが最も購入したいと思うビニール傘の色をお知らせください。(一つ選択)

購入したいと思うビニール傘の色は、無色透明と乳白色が大半を占めて85.6%。 N=500
  その他の色は僅か5%未満となり、現在主に販売されている無色透明と乳白色が、購入者からも求められている様子が窺えた。

最も購入したいと思うビニール傘の色

Q.(購入したいと思うビニール傘の色について)その理由をお知らせください。(複数選択可)

無色透明のビニール傘を購入したい理由は、「視界が良いから」が最も高く64.4%。 N=500
  現在主に販売されている無職透明のビニール傘については、普段使いをする理由と同様に「視界の良さ」を理由に選ぶ人が多いようだ。

(購入したいと思うビニール傘の色について)その理由

Q.あなたがビニール傘を購入する場所をお知らせください。(複数選択可)

ビニール傘を購入する場所は、コンビニエンスストアが最も高く7割半ば。 N=500
  100円ショップのビニール傘は、サイズの小ささや、耐久性にやや不安があるものの、コンビニに続き3割強の人が購入している結果となった。

ビニール傘を購入する場所

Q.あなたが普段購入するビニール傘の価格をお知らせください。(数値記入)
Q.あなたが安いと感じ始めるビニール傘の価格をお知らせください。 (数値記入)
Q.あなたが高いと感じ始めるビニール傘の価格をお知らせください。 (数値記入)

普段購入するビニール傘と、高いと感じ始めるビニール傘の最頻値は、どちらも500円。 N=500
  前問により、ビニール傘を購入する場所として最も多いコンビニでは、各社で取り扱うビニール傘の価格が100~150円ほど異なるが、500円の傘が最も多く買われている一方で、500円を高いと感じる人が同程度いることが分かった。

普段購入するビニール傘の価格、安いと感じ始めるビニール傘の価格、高いと感じ始めるビニール傘の価格

Q.あなたが現在保有しているビニール傘の本数をお知らせください。(一つ選択)

ビニール傘を2本以上保有している人は8割弱。 N=500
  1年以内にビニール傘を購入した人の多くが、すでに1本以上保有している状況で、更に購入しているようだ。

保有しているビニール傘の本数

Q.あなたがビニール傘を処分する(手放す)タイミングをお知らせください。(複数選択可)
Q.またその中で、最も多いタイミングをお知らせください。(一つ選択)

ビニール傘を処分するタイミングは、 「外出中に紛失する」 と回答した人がおよそ3人に1人。 N=500
  更に「紛失する」または「盗まれる」のいずれかを選択した人は44.6%となり、半数近くの人がビニール傘を失くす、または盗まれる経験があることが分かった。

ビニール傘を処分する(手放す)タイミング

この調査の報告書(レポート)、集計、ローデータは、下記より無料でダウンロードしていただけます。(一部の調査を除きます)

ダウンロードする

自主調査データの転載・引用のご希望やご質問は、 info@marsh-research.co.jp までお問い合わせください。

ニュースレター

マーシュでは毎月1回、最新の自主調査などをご紹介するニュースレターをメールでお送りしています。

弊社で実施した最新の自主調査のお知らせ・自主調査 月間アクセスランキング・無料マーケティングリサーチセミナーのお知らせ・お客様からいただくご質問や調査の実例を元にした、リサーチに関するQ&Aのご紹介・マーシュからのお知らせ無料購読はこちら

アンケート調査のご依頼

アンケート調査のご依頼も承ります。下記のお電話またはフォームからお問い合わせください。