マーケティングリサーチ用語解説

コーディング(=アフターコーディング)

自由回答(FA)の内容を意味の似通ったカテゴリーごとに分類し、コード化する作業のことを言います。コード化した上で定量的にデータ処理をします。また、作成されたものをアフターコードと言います。


自由回答は文字通り自由に意見を回答してもらう場合(「お感じになったことをどのようなことでも結構ですのでご記入ください」等)や、5段階評価の選択理由(「非常に好き」と答えた理由等)のように制限を加えずに回答させる方法です。


コーディングは下記のフローで活用できます。


  1. FA回答集
  2. 自由回答(FA)の設問を1問ずつ抜き出し一覧にしたものです。

    FA集イメージ図
  3. コーディング
  4. 自由回答(FA)の内容を意味の似通ったカテゴリーごとに分類し、コード化します。

    FAコーディングイメージ図
  5. 件数表
  6. コーディングされた各カテゴリーの回答件数をまとめたものです。

    FAコーディング件数表イメージ図
  7. クロス表
  8. 分析したい項目(性別や地域等)を集計軸として各コーディングされたデータを細かく確認できます。

    FAコーディングクロス集計表イメージ図


このように自由回答(FA)をコード化して定量的にデータ処理することは可能ですが、コーディングには一定のスキルと作業時間が必要になるためデータを量的に把握したい場合にはプリコードで回答を得ることをお勧めします。


関連用語



マーケティングリサーチ用語一覧

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行