1. ホーム
  2. マーケティングリサーチ用語解説
  3. コンジョイント分析

マーケティングリサーチ用語解説

コンジョイント分析

コンジョイント分析は、最適な商品コンセプトを決定することを目的とした分析手法です。商品全体の評価(全体効用値)をすることで、例えば、価格や色、デザイン、品質など、個々の要素の購買に影響する度合い(部分効用値)を算出する手法です。

【アウトプット例】

コンジョイント分析アウトプット例
コンジョイント分析アウトプット例

【設問例】

購入の意思決定に起因する項目を列挙し、表側:「要因」、表頭:「水準」を決める(下記参照)
コンジョイント分析設問例
コンジョイントカードを作成し、優先順位を回答させる上記要因・水準は、数に上限がある
目安は、要因×5項目、水準は4水準まで
設問設計は2パターンあり

  1. コンジョイントカードを作成し、優先順位を回答させる
    (右記参照)
  2. 要因の重要度をランク付けする設問(次頁参照)
  3. 各要因の水準をランク付けする設問(次頁参照)

コンジョイント分析設問例

コンジョイント分析設問例



お問合せ マーケティングリサーチに関する疑問・ご相談は左のボタンをクリックして、お問合せください。

マーケティングリサーチ用語一覧

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行

アンケート結果無料ダウンロード

お客様の声