マーケティングリサーチ用語解説

クラスター分析

クラスター分析とは・・・

調査項目(カテゴリー)や回答者を、比較的似ているグループにグルーピングする分析手法です。
分類されたグループによるクロス集計やその他分析から特徴を深堀し、ターゲット選定やアプローチ方法を探ることができます。
大別すると階層的手法と非階層的手法の2種類があります。


具体例

因子分析」の結果より、グループへ分解し「日常生活や暮らしへの考え方」からみられる特徴を把握する。

クラスター分析イメージ図

各クラスターの特徴

A.ライフスタイルこだわり層 住環境に関心が高い。生活では自己啓発を重視したこだわりのスタイルをもち、良いものを長く愛用。ファッションは個性的でクールなものを好む。
B.おしゃれ・ファッションリーダー層 美容に関心が高く、トレンドや提案によわく衝動買いタイプ。ファッションは女性らしいものを好む。
C.洗練上質・こだわり層 生活はこだわりのスタイルを重視し、住環境にこだわりがあり、食もおいしさや楽しさを重視する。 ファッションは洗練された上質のものを好む。
D.トレンドフォロワー層 生活に刺激や話題の新しいことを求めており、情報収集・発信と感度が高い。美容やファッションへの関心が比較的高い。 ファッションは自分磨きで洗練されたものであり、汎用性のあるものを好む。
E.アンチトレンド・堅実層 生活はゆとりのあるマイペースな生活を重視する。ファッションは、汎用性重視でシンプルなものを好む。
F.低感度・無関心層 特に際立っている特徴がない一般的なマジョリティ。

⇒5因子(因子軸)をもとにA~Fの6グループに分割し、Cross集計・その他分析に進む。

関連コンテンツ



マーケティングリサーチ用語一覧

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行