マーケティングリサーチ用語解説

PSM分析

PSM分析とは・・・

回答者の感覚から「商品・サービス」に対する『価格帯』を解析する分析手法です。

新商品の市場導入価格の設定や既存商品の価格見直しの際、価格の受容性を探るのに適した分析手法です。

調査では、下記の4つの価格に回答していただき分析を行います。

「1.高すぎてとても手が出ないと思う価格」「2.高いと思う価格」「3.安いと思う価格」「4.安すぎて品質を不安に思う価格」

使われるタイミングとしては、主に上市前の製品の価格を決めるための判断材料とすることがほとんどです。

設問例

商品Aの「上限」「下限」「妥当」「妥協」価格を得る為、フリー設問4問を設ける必要があります。

  1. Q1.(NA)商品Aを購入する場合、いくらぐらいから「高い」と思いますか。
    (    )円
  2. Q2.(NA)商品Aを購入する場合、いくらぐらいから「安い」と思いますか。
    (    )円
  3. Q3.(NA)商品Aを購入する場合、いくらぐらいから「高すぎて買えない」と思いますか。
    (    )円
  4. Q4.(NA)商品Aを購入する場合、いくらぐらいから「安すぎて買いたくない」と思いますか。
    (    )円

アウトプット例

商品購入にともなう『価格帯』を把握する。

PSM分析イメージ図

PSM分析でわかること

  • いくらが妥当な価格なのか
  • いくらからいくらまでの間に価格を設定すればよいのか
  • 想定価格がその範囲におさまっているのか

関連コンテンツ



マーケティングリサーチ用語一覧

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行