マーケティングリサーチ用語解説

ウエイトバック集計

ウェイトバック集計とは・・・

ウェイトバック集計とは、回収されたサンプル(標本)母集団の構成にあわせて集計する方法です。


回収されたサンプルの構成比を実際の市場の構成比に合わせて集計したいとき、サンプルに重みづけして集計することで、市場構成の数値に補正した結果を得ることができます。

GT表でのウエイトバック集計

クロス表でのウエイトバック集計

ウエイト値をかけることで、「個々の年代」では結果は変わりません。「全体」の値が変わります。そのため「全体」を語るときに特にポイントになります。

「個々の年代」は、上記のイメージ図のように大きさを変えただけなので、変わりません。

「全体」が変わるのは、中身の年代構成比が変わるためです。

関連コンテンツ



マーケティングリサーチ用語一覧

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行