1. ネットリサーチ会社のマーシュ
  2. アンケート調査結果
  3. 医療・健康
  4. 風邪と生活習慣に関するアンケート調査

自主調査(ミニリサーチ)医療・健康

風邪と生活習慣に関するアンケート調査

このエントリーをはてなブックマークに追加


調査名:

風邪と生活習慣に関するアンケート調査

対象者: 全国20歳以上の男女
トピックス: ■1年間で風邪をひく平均的な回数は「数年に1回」24.6 %が最も高い
■1年間で風邪をひく回数が多い人ほど、風邪が「長引くことが多い」と回答する傾向に
■微熱(平熱より1度ほど高い発熱)と発熱(平熱より2度ほど高い発熱)では、
 「病院には行かず、市販の風邪薬や漢方を飲む」が最も高い
■症状が出た時に「病院に行く」順は、【吐き気】【腹痛】【頭痛】
■日常的に風邪をひかないように気を使っているのは「年に3~4回風邪をひく人」
■風邪をひく回数「年5回以上」は、全体的には食に関する習慣に気を使っているが、
 【栄養バランスを考えた食事を摂る】に関してはあまり気を使っていない傾向に
■60代が他の年代と比べて多く実践している日常生活の習慣は、【適度な運動】と【普段からストレスを溜めないように意識する】こと
調査項目: ・属性(性別、年代、居住地域、未既婚、職業)
・1年間で風邪をひく平均的な回数(SA)
・風邪をひくと長引くか(SA)
・風邪によりそれぞれの症状が出た時にとる行動【微熱、発熱、高熱、頭痛、腹痛、吐き気】(SA)
・風邪をひかないように、日常的に気を使っているか(SA)
・食に関する日常生活での習慣について(SA)
  【栄養バランスを考えた食事を摂る、カロリーを抑えた食事を摂る、野菜を意識的にたくさん食べる、
  サプリメントで栄養を補う、疲れた時などに栄養ドリンクを飲む、健康食品を積極的に食べる、水分をこまめに取る】
・日常生活での習慣について(SA)
  【手洗い、うがい、適度な運動、人込みに行く時や風邪が流行っている時は予防のためにマスクを着用する、
  睡眠を十分に取る、風邪をひいた際は、ひき始めに市販の風邪薬や漢方を飲む、風邪をひいた際は、ひき始めに病院に行く、
  空気が乾燥しているときは加湿器をつける、普段からストレスを溜めないように意識している】
サンプル数: 1,000s
割付: 【性別】男性:50.0%、女性:50.0%
【年代】20代:20.0%、30代:20.0%、40代:20.0%、50代:20.0%、60代:20.0%
実査期間: 2017年4月11日(火)~4月12日(水)
調査方法: インターネット調査(マーシュの自社モニター )
調査機関: 株式会社マーシュ

この調査のレポートとデータは、下記より無料でダウンロードしていただけます。

ダウンロードする

対象者属性

性別 n=1,000
性別
年代 n=1,000
年代

居住地 n=1,000
居住地
未既婚 n=1,000
未既婚

職業 n=1,000
職業



調査結果

Q1.あなたが1年間で風邪をひく平均的な回数をお知らせください。(1つ選択)

1年間で風邪をひく平均的な回数は「数年に1回」24.6 %が最も高い n=1,000

・1年間で風邪をひく平均的な回数は、「数年に1回」24.6 %が最も高く、「1回」23.1%、「2回」20.6%と続く。
・年代別でみると30代は「1回以上 計」が73.5%であり、全体の63.0%より10pt以上高い。
※「1回以上 計」=「1回以上」~「10回以上」の合計。

1年間で風邪をひく平均回数

Q2.あなたは風邪をひくと長引きますか。あてはまるものをお知らせください。(1つ選択)

■1年間で風邪をひく回数が多い人ほど、風邪が「長引くことが多い」と回答する傾向に n=876

・全体でみると、「長引くことが多い」「どちらかといえば長引くことが多い」の合計は48.1%、「長引かないことが多い」「どちらかといえば長引かないことが多い」の合計は51.9%であり、両者はほぼ半数であった。
・風邪をひく回数別でみると、年5回以上は「長引くことが多い」「どちらかといえば長引くことが多い」の合計が79.2%であり、約8割が長引く傾向にあると回答。

風邪の長引き方

Q3.風邪により以下の症状が出た時にあなたがとる行動として、最もあてはまるものをそれぞれお知らせください。(それぞれ1つずつ選択)

微熱(平熱より1度ほど高い発熱)と発熱(平熱より2度ほど高い発熱)では、「病院には行かず、市販の風邪薬や漢方を飲む」が最も高い n=876

・微熱では「病院には行かず、市販の風邪薬や漢方を飲む」48.3%が最も高く、「病院に行ったり市販の風邪薬や漢方を飲んだりはしない」38.1%、「病院に行く」7.8%と続く。
・発熱では「病院には行かず、市販の風邪薬や漢方を飲む」44.2%が最も高く、「病院に行く」32.1%、「病院に行ったり市販の風邪薬や漢方を飲んだりはしない」15.9%と続く。
・発熱では、風邪をひく回数別でみると、年3~4回は「病院に行く」が43.6%であり、全体より10pt以上高い。また、数年に1回 と 年5回以上は「病院に行く」の回答が、それぞれ全体より5pt上低い。
・高熱では「病院に行く」63.8%が最も高く、「病院には行かず、市販の風邪薬や漢方を飲む」19.5%と続く。

【微熱(平熱より1度ほど高い発熱)】が出た時に取る行動

微熱の時に取る行動

【発熱(平熱より2度ほど高い発熱)】が出た時に取る行動

発熱した時に取る行動

【高熱(平熱より3度ほど高い発熱)】が出た時に取る行動

高熱が出た時に取る行動

Q3.風邪により以下の症状が出た時にあなたがとる行動として、最もあてはまるものをそれぞれお知らせください。(それぞれ1つずつ選択)

症状が出た時に「病院に行く」順は、【吐き気】【腹痛】【頭痛】 n=876

・症状が出た時に「病院に行く」順は、【吐き気】18.4 %が最も高く、【腹痛】9.4%、【頭痛】7.2%と続く。
・【腹痛】【吐き気】では、風邪をひく回数別の「5回以上」は、「病院に行く」がそれぞれ全体より5pt以上高い。

【頭痛】の症状がある時に取る行動

頭痛がある時に取る行動

【腹痛】の症状がある時に取る行動

腹痛がある時に取る行動

【吐き気】の症状がある時に取る行動

吐き気がある時に取る行動

Q4.あなたは風邪をひかないように、日常的に気を使っていますか。ご自身の意識としてあてはまるものをお知らせください。(1つ選択)

日常的に風邪をひかないように気を使っているのは「年に3~4回風邪をひく人」 n=1,000

・性別でみると、「気を使っている」が女性は33.8%、男性が22.6%であり、女性が男性より10pt以上高い。
・年代別でみると、20代は「気を使っている」13.0%であり、全体より15pt以上低い。
・風邪をひく回数別でみると、年3~4回は「気を使っている」34.3%であり、全体より5pt以上高い。

風邪をひかないための日常の意識度

その他の設問

Q5.あなたの日常生活での「食に関する」習慣として、心掛けていることはありますか。それぞれの項目についてあてはまるものをお知らせください。(それぞれ1つずつ選択)
Q6.あなたの日常生活での習慣としてあてはまるものをそれぞれお知らせください。(それぞれ1つずつ選択)

この調査のレポートとデータは、下記より無料でダウンロードしていただけます。

ダウンロードする

自主調査データの転載・引用のご希望やご質問は、 info@marsh-research.co.jp までお問い合わせください。

ニュースレター

マーシュでは毎月1回、最新の自主調査などをご紹介するニュースレターをメールでお送りしています。

弊社で実施した最新の自主調査のお知らせ・自主調査 月間アクセスランキング・無料マーケティングリサーチセミナーのお知らせ・お客様からいただくご質問や調査の実例を元にした、リサーチに関するQ&Aのご紹介・マーシュからのお知らせ無料購読はこちら

アンケート調査のご依頼

アンケート調査のご依頼も承ります。下記のお電話またはフォームからお問い合わせください。