1. ネットリサーチ会社のマーシュ
  2. アンケート調査結果
  3. 季節・イベント・時事
  4. 季節の行事・イベントに関するアンケート調査

自主調査(ミニリサーチ)季節・イベント・時事

季節の行事・イベントに関するアンケート調査

このエントリーをはてなブックマークに追加


調査名:

季節の行事・イベントに関するアンケート調査

対象者: 全国20~69歳の男女
トピックス: ■毎年行う季節の行事・イベントは「お正月におせち・雑煮など正月料理を食べる」が73.8%で最も高い
■毎年行う好きな季節の行事・イベントは、男性は「お正月におせち・雑煮など正月料理を食べる」 55.3%が最も高く、女性は「クリスマス」57.9%が最も高い
■最も費用をかけて行っている季節の行事・イベントは「お正月におせち・雑煮など正月料理を食べる」が37.2%で最も高い
■行ってみたい季節の行事・イベントは「餅つき」が12.8%で最も高い
■自宅に季節の行事・イベントのために人を招くことが「ある(計)」は全体では15.8%、最も高いのは男性20~34歳で21.0%
■自宅に人を招いて季節の行事・イベントを行う際に大変だと思うことは「季節の行事・イベントで出す料理の買い出しに行くこと」が47.4%で最も高い
■季節の行事・イベントを楽しんでいる「そう思う(計)」は全体では32.5%、最も高いのは女性20~34歳で42.0%
■行事・イベントなどの特別な日に最も食べたい料理は「にぎり寿司」が30.3%で最も高い
調査項目: ・属性(性別、年代、居住地域、未既婚、子供有無、職業)
・毎年行う季節の行事・イベント(MA)
・好きな季節の行事・イベント(3MA)
・最も費用をかけて行っている季節の行事・イベント(SA)
・行ってみたい季節の行事・イベント(MA)
・季節の行事・イベントのために、自宅に人を招くことがあるか(SA)
・自宅に人を招いて、季節の行事・イベントを行う際に、大変だと思うこと(MA)
・季節の行事・イベントを楽しんでいる方だと思うか(SA)
・行事・イベントなどの特別な日に最も食べたい料理(SA)
サンプル数: 600s
割付: 【性別】男性:300s、女性:300s
【年代】20~34歳:200s、35~49歳:200s、50~69歳:200s
実査期間: 2017年9月7日(木)~9月8日(金)
調査方法: インターネット調査(マーシュの自社モニター )
調査機関: 株式会社マーシュ

この調査のレポートとデータは、下記より無料でダウンロードしていただけます。

ダウンロードする

対象者属性

性別 n=600
性別(グラフ)
年代 n=600
年代(グラフ)

居住地域 n=600
居住地域(グラフ)
未既婚 n=600
未既婚(グラフ)

子供有無 n=600
子供有無(グラフ)
職業 n=600
職業(グラフ)



調査結果

Q1.あなたが毎年行う季節の行事・イベントを全てお知らせください。(複数選択可)

毎年行う季節の行事・イベントは、「お正月におせち・雑煮など正月料理を食べる」が73.8%で最も高い n=600

・全体では「お正月におせち・雑煮など正月料理を食べる」73.8%が最も高く、「大晦日に年越しそばを食べる」68.3%、「クリスマス」59.5%と続く。
・10月に控えている「ハロウィン」は全体では12.2%にとどまっているが、性年代別にみると、女性20~34歳は26.0%と全体より10pt以上高く、女性35~49歳も20.0%と全体より5pt以上高い。
・性年代別にみると、男性20~34歳は、選択肢に挙げた季節の行事・イベントのいずれも行っていない「あてはまるものはない」が23.0%であり、全体より10pt以上高い。一方、女性50~69歳は「あてはまるものはない」が5.0%と最も低く、最も季節の行事・イベントを行っているという結果であった。
・性年代別にみると、50~69歳は「大晦日に年越しそばを食べる」「お盆の墓参り」「お歳暮を贈りあう」「お中元を贈りあう」が男性・女性共に全体より10pt以上高く、年代差がみられる行事であった。

毎年行う季節の行事・イベント(グラフ)

Q2.あなたが毎年行うと回答された季節の行事・イベントについてお伺いします。好きな季節の行事・イベントを3つまでお知らせください。(3つまで選択可)

毎年行う好きな季節の行事・イベントは、男性は「お正月におせち・雑煮など正月料理を食べる」55.3%が最も高く、女性は「クリスマス」57.9%が最も高い n=600

・全体では「お正月におせち・雑煮など正月料理を食べる」50.7%が最も高く、「クリスマス」46.2%、「大晦日に年越しそばを食べる」39.6%と続く。
・性別でみると、男性は「お正月におせち・雑煮など正月料理を食べる」55.3%が最も高く、「大晦日に年越しそばを食べる」50.6%、「クリスマス」33.3%と続く。一方女性は「クリスマス」57.9%が最も高く、「お正月におせち・雑煮など正月料理を食べる」46.4%、「大晦日に年越しそばを食べる」29.6%と続く。男性と女性では、「クリスマス」と「大晦日に年越しそばを食べる」において、それぞれ20pt以上の差がみられた。

好きな季節の行事・イベント

Q5.あなたは季節の行事・イベントのために、自宅に人を招くことがありますか。(1つ選択)

自宅に季節の行事・イベントのために人を招くことが「ある(計)」は全体では15.8%、最も高いのは男性20~34歳で21.0% n=600

・全体では「ある(計)」は15.8%、「ない(計)」は84.1%であった。
・性年代別にみると「ある(計)」が21.0%と最も高いのは 男性20~34歳、次は女性50~69歳で 20.0%であった。一方「ある(計)」が10.0%と最も低いのは、男性50~69歳であった。

※ある(計):「よくある」+「ややあり」 ない(計):「あまりない」+「全くない」

季節の行事・イベントのために人を招くことがあるか(グラフ)

Q8.あなたが行事・イベントなどの特別な日に最も食べたい料理をお知らせください。(1つ選択)

行事・イベントなどの特別な日に最も食べたい料理は「にぎり寿司」が30.3%で最も高い n=600

・全体では「にぎり寿司」30.3%が最も高く、「懐石料理・会席料理」10.2%、「焼き肉」9.7%、「ちらし寿司」7.5%、「すきやき」7.2%と続く。上位5つのうち、「にぎり寿司」「懐石料理・会席料理」「ちらし寿司」と和食への人気が高い結果となり、以上3つの計は48.0%と約半数となる。
・性年代別にみると、男性20~34歳は「うなぎ」が10.0%と全体より5pt以上高い。「にぎり寿司」27.0%が最も高く、「焼肉」14.0%、「うなぎ」10.0%と続く。
・「にぎり寿司」は各性年代とも最も高い値であったが、「懐石料理・会席料理」「焼肉」は性年代ごとに人気を二分する結果であった。男性20~34歳・男性35~49歳・女性20~34歳は「焼肉」の人気が高く、男性50~69歳・女性35~49歳・女性50~69歳は「懐石料理・会席料理」の人気が高い。

行事・イベントなどの特別な日に最も食べたい料理(グラフ)

その他の設問

Q3.あなたが毎年行うと回答された季節の行事・イベントについてお伺いします。最も費用をかけて行っている季節の行事・イベントをお知らせください。(1つ選択)
Q4.あなたが行ってみたい季節の行事・イベントがあればお知らせください。(複数選択可)
Q6.あなたが自宅に人を招いて、季節の行事・イベントを行う際に、大変だと思うことがあればお知らせください。(複数選択可)
Q7.あなたは季節の行事・イベントを楽しんでいる方だと思いますか。(1つ選択)


この調査のレポートとデータは、下記より無料でダウンロードしていただけます。

ダウンロードする

自主調査データの転載・引用のご希望やご質問は、 info@marsh-research.co.jp までお問い合わせください。

ニュースレター

マーシュでは毎月1回、最新の自主調査などをご紹介するニュースレターをメールでお送りしています。

弊社で実施した最新の自主調査のお知らせ・自主調査 月間アクセスランキング・無料マーケティングリサーチセミナーのお知らせ・お客様からいただくご質問や調査の実例を元にした、リサーチに関するQ&Aのご紹介・マーシュからのお知らせ無料購読はこちら