自主調査(ミニリサーチ)季節・イベント・時事

帰省の手土産に関するアンケート調査

このエントリーをはてなブックマークに追加


調査名:

帰省の手土産に関するアンケート調査

対象者: ・全国、20代~50代、男女、最近3年以内に1回以上帰省をした
トピックス: ■帰省の交通手段は「自家用車」が65.5%で最も多い
■83.3%が帰省の際に手土産を購入
■手土産の購入場所は専門店と百貨店が多く、ネットショッピング・通販は2014年の調査と比較してほぼ横ばい
■手土産の購入予算は2,000円未満が49.1%
■手土産に購入するものは「洋菓子」が80.2%、「和菓子」が72.4%
■手土産の選び方は、ばらつきあり。「滞在中、一緒に食べられるもの」は47.3%
■手土産に関する悩みや気になることは、「本当に喜んでもらえているのか」「本当においしいと思っているのか」など相手の“ホンネ”に関するものが多い
■手土産を買わない理由トップは「会いに行くだけでも十分だと思うから」48.5%
調査項目: ・基本属性(性別、年代、未既婚、居住地)
・帰省先の有無、最近3年以内の帰省回数(SA)
・帰省する際の交通手段(MA)
・帰省する際の手土産購入の有無(SA)
・帰省の手土産の購入場所(MA)
・帰省の手土産の購入予算(SA)
・帰省の手土産として購入するもの(MA)
・帰省の手土産の選び方・買い方(SA)
・手土産に関する悩み、相手には聞けないが気になっていること(FA)
・帰省の際に手土産を購入しない理由(MA)
サンプル数: 800s
割付: 【性別】男性:400s 女性:400s
【年代】20代:200s 30代:200s 40代:200s 50代:200s
実査期間: 2018年1月19日(金)~1月23日(火)
調査方法: インターネット調査(マーシュの自社モニター )
調査機関: 株式会社マーシュ

この調査の報告書(レポート)、集計、ローデータは、下記より無料でダウンロードしていただけます。(一部の調査を除きます)


対象者属性

性別 n=800
性別(グラフ)
年代 n=800
年代(グラフ)

未既婚 n=800
未既婚(グラフ)
居住地 n=800
居住地(グラフ)

帰省先の有無 n=800
帰省先の有無(グラフ)
最近3年以内の帰省回数 n=800
最近3年以内の帰省回数(グラフ)



調査結果

Q2.帰省をする際に、手土産は購入して持って行きますか。(1つ選択)

8割が帰省の際に手土産を購入 n=800

自分や配偶者の帰省先へ「手土産」を購入して持って行くかを聞いたところ、「手土産を毎回必ず買う」は46.9%、「手土産をときどき買う」は36.4%で、計83.3%となった。
男女別では女性の方が87.0%で男性の79.6%に比べてやや高い。
年代別では、「毎回必ず買う」の割合が30代~50代はそれぞれ約50%であるのに対し、20代は37.0%となっているが、「毎回買う」「ときどき買う」の合計で見ると大きな差は見られなかった。
手土産を購入する人は2014年の調査では85.0%で、ほぼ同じ割合となった。

帰省の手土産の購入頻度(グラフ)

Q5.帰省の際の手土産として、どのようなものを買いますか。あてはまるものをすべてお選びください。(複数選択可)

手土産に購入するものは「洋菓子」がトップ n=666

帰省の手土産に購入するものを答えてもらったところ、「洋菓子(ケーキ、焼き菓子、ゼリー、チョコレートなど)」が80.2%で最も多く、次いで「和菓子(饅頭、団子、餅、羊羹など)」が72.4%となっている。2014年の調査でも洋菓子は79.0%、和菓子は73.3%で、ほぼ同じ結果となった。
他には「米菓(煎餅、おかきなど)」が31.1%、「お酒」が14.3%、「お茶、紅茶、コーヒーなどの飲み物」が9.8%、「菓子以外の食べ物」が8.1%、「食べ物・飲み物以外」が1.2%となっている。
男女別では大きな差は見られなかった。年代別では、「洋菓子」が年代が上になるほど低くなるが、それでも50代で70.6%と7割が選択している。一方で「米菓」は20代が低く、他の年代が30%台前半であるのに対し、23.3%となっている。

帰省の手土産に購入するもの(グラフ)

Q6.帰省の際の手土産の選び方・買い方についてお聞きします。以下のそれぞれについて、「A」と「B」どちらを選ぶのが、手土産についてのあなたの考え方に近いでしょうか。(それぞれ1つずつ選択)
※手土産に食べ物・飲み物を買うことがない方は、「もし買うとしたら」という想定でお答えください。

手土産の選び方は?「滞在中、一緒に食べられるもの」が47.3% n=666

帰省の際の手土産はどのように選んでいるのか。6組の選択肢を提示し、それぞれAとBのどちらに自分の考えがあてはまるかを回答してもらった。
2014年の調査と同様にそれぞれ回答は分散したが、AとBの差が最も大きく出たのは「滞在中、一緒に食べられるもの」の47.3%で、「滞在中、一緒に食べることは考えない」の19.8%と27.5ポイントの差がついた。また、「普段は食べない、少し特別感のあるもの」は45.5%で、「気負わず、気軽に食べられるもの」の27.3%と18.2ポイントの差があった。
反対に最もA・Bの差が小さかったのは、「お店の人気商品、話題になっている商品」の38.9%と「自分や家族の子のみで選んだ商品」の41.6%となっている。

※ダウンロードレポートには各項目の性年代別クロスも掲載しています。

帰省の手土産の選び方(グラフ) 帰省の手土産の選び方(グラフ)

Q7.帰省の際の手土産について、お悩みや、直接相手には聞けないものの気になっていることはありますか。(自由回答)

実際の回答(一部抜粋)

  • 「いつも買うものが同じで飽きられているのではないか」(20代/男性)
  • 「妻と私が互いの実家に帰省する際に、妻は私の実家に気を使い手土産を買おうとするが、いらないと感じる。 逆に妻の実家に買おうと思うがいらないと言われる。毎回のことでストレスが溜まる」(30代/男性)
  • 「何のために手土産を持っていっているのかよくわからない。 相手を喜ばせるためというよりも、持っていくと決まっているから持っていっているように感じる。」(30代/男性)
  • 「父親は土産に酒が欲しいと言ってくるのだが、母親はあまり飲ますなと言ってきて、軽い板挟み状態になっている」(40代/男性)
  • 「せっかく買っても喜んでもらえないかもしれないということ」(50代/男性)

  • 「帰省する回数が多いので、毎回手土産を買って帰るのが負担になっている。」(20代/女性)
  • 「義実家は土産を差し出してもその場で開けないし後日感想を言ってくれることもないので気に入らないのか気になる」(30代/女性)
  • 「子供と一緒に1週間くらい毎回帰省するので、食費も結構かかると思うので手土産のお菓子よりも商品券や現金を渡した方が現実的には嬉しいのではないかと思っていること。 」(40代/女性)
  • 「手土産を本当に喜んで食べているのか?それとも他の方にお土産として回しているのか。」(40代/女性)
  • 「相手が好きだと思って買い続けているものがあるが、年を取ってきても食べたいものかどうかがわからない。 」(50代/女性)

その他の設問

Q1.あなたが帰省する際の交通手段として、あてはまるものをすべてお選びください。(複数選択可)
Q3.帰省の際の手土産は、どこで購入しますか。あてはまるものをすべてお選びください。(複数選択可)
Q4.帰省の際の手土産の購入予算は、いくらでしょうか。最も近いものをお選びください。(1つ選択)
Q8.帰省の際に手土産を購入しない理由として、あてはまるものをすべてお選びください。(複数選択可)


この調査の報告書(レポート)、集計、ローデータは、下記より無料でダウンロードしていただけます。(一部の調査を除きます)


自主調査データの転載・引用のご希望やご質問は、 info@marsh-research.co.jp までお問い合わせください。

アンケート調査をご依頼いただけます

お探しの調査データが見つからなかった場合は、新たにアンケート調査をご依頼いただけます。その場合は、お客様のご指定の対象者、質問項目にて実施することができます。ネットリサーチの場合でしたら、40,000円から実施可能です。→ネットリサーチ実施料金

ニュースレター

マーシュでは毎月1回、最新の自主調査などをご紹介するニュースレターをメールでお送りしています。

弊社で実施した最新の自主調査のお知らせ・自主調査 月間アクセスランキング・無料マーケティングリサーチセミナーのお知らせ・お客様からいただくご質問や調査の実例を元にした、リサーチに関するQ&Aのご紹介・マーシュからのお知らせ無料購読はこちら