MROC(エムロック)の事例

自動車メーカーのMROCの画面イメージ図家電メーカーA社の事例

目的

  • 掃除機のユーザー(女性)に対し下記を明らかにし、今後の掃除機開発に資する知見を得る
  • 掃除機の選択基準
  • 満足ポイント、不満ポイント
  • 買い替え、買い増し予定掃除機(ロボット掃除機、専用掃除機など)

家電メーカーA社のMROCのスケジュールソリューション

  • 課題に合わせたトピック設置による定性情報の収集
  • アンケート機能による定性データの裏付けとなる定量データの収集
  • 画像利用による製品コンセプトの提示

成功のポイント

  • 質の高いモニターを集めるノウハウ
  • モデレーティング力
  • コミュニティの運営ノウハウ
  • ユーザー実態の把握
  • 掃除機の現ユーザー及び・直近購入・検討者を集める事により、コミュニティに愛着を持ち、他の参加者と信頼し合おうとする気持ちが生まれることにより、発言がより生産的になることが期待できる。
  • 参加者の発言内容や発見されたインサイトに応じて、調査内容を柔軟に変更する必要があり、クライアントもMROCの運営や分析に関与することができた。

MROC実施内容

業界 家電
調査目的 掃除機のユーザー視点で具体的にニーズ・ウォンツを把握し、今後の掃除機開発に資する知見を得る
規模・期間 20代~40代の掃除機ユーザー女性・2週間

調査フロー例

調査フロー例

コミュニティの状況

  • 対象者同士の会話が積極的で、会話から参加者自身が新たな発見が得られるコミュニティとして実施できた。
  • 掃除機を最近購入・または直近で購入を検討している現ユーザーを対象者とした事により、互いの情報交換も多く深い意見を取得する事ができた。
  • コミュニティ最終日には、もっと継続してほしいという声があるなど最後まで参加率が高く維持できた。

ここがポイント

  • モデレーターも該当商品に詳しいモデレーターを用意し、細かいワードなどもしっかり拾って深掘りが出来た。
  • 掃除機の常設トピックの作品紹介などでより、掃除機をどのように利用しているか把握すると共に利用方法の実態も把握できた。

調査結果の全体像

現在使用している掃除機
  • 3~5万円前後が多い
  • 布団用掃除機やロボット掃除機など用途に合わせた掃除機を併用しているユーザーも半数ほどいる
  • 5万円以上の高額の掃除機は、ブランド、吸引力、排気などの機能を重視
満足点・不満点
5万円未満
満足点:価格が手頃、耐久性がある
不満点:音がうるさい、動きが重い
5万円以上
満足点:吸引力が持続、排気がきれい
不満点:価格が高い、音がうるさい
アウトプット
  • 掃除機はブランドで選ぶ傾向が高く、ダイソンなどの掃除機は利用者が多い。またロボット掃除機の利用者では80%以上がルンバであった。
  • 掃除機に求めているのは吸引力、静粛性、排気のキレイさ、などが多いが、布団専用掃除機など利用シーンに特化した掃除機なども、通常の掃除機で切り替えできればというニーズがあった。(衛生面での課題を指摘する声も多い)
  • ロボット掃除機は2台目として併用する場合が多い。

自動車メーカーB社の事例

目的

自動車メーカーB社のMROCのスケジュール
  • 若者達のクルマに関する価値観を明らかにし、今後のコミュニケーションキーワードに資する知見を得る。
  • なぜ若者はクルマと距離を置くのか、自動車に乗るユーザー層
  • 自分の車のどこが気に入り、どこに不満があるのか
  • どうすればもっと自動車を買いたくなる、または乗りたくなるのか

ソリューション

  • 課題に合わせたトピック設置による定性情報の収集
  • アンケート機能による定性データの裏付けとなる定量データの収集
  • 画像利用による製品コンセプトの提示

成功のポイント

  • 質の高いモニターを集めるノウハウ
  • モデレーティング力
  • コミュニティの運営ノウハウ
  • ユーザー実態の把握
  • 愛車紹介や愛車に至る車歴とその背景、愛車を他の人に推奨する際のアドバイスなどを日々の消費生活と共にメンバー同士で語り合っていただき、選択基準の変化や具体的なニーズを把握する。
  • 参加者の発言内容や発見されたインサイトに応じて、調査内容を柔軟に変更する必要があり、クライアントもMROCの運営や分析に関与することができた。


MROC実施内容

業界 自動車
調査目的 若者の自動車に対する価値観・考え方を把握する
規模・期間 20代の自動車利用者200名(男女・車の保有状況別にグループ分け)・4週間

調査フロー例

調査フロー例

コミュニティの状況

  • 最初はリーダー的な人が引っ張るコミュニティ、あまりインタラクションが見られないコミュニティなど様々だったが、情報収集の手段や趣味などの共通の話題で参加者同士の交流が生まれ、徐々に盛り上がって行った。
  • モデレーターは盛り上げ役に徹しつつ、参加者同士の交流のきっかけづくりを重点的に実施した。

ここがポイント

  • 長期的に調査に参加してもらうことで、従来型の調査では追い切れなかった対象者の背景情報を豊富に取得することができた。
  • 消費者の生活風景をリアルタイムで生々しく把握できた。

調査結果の全体像

若者の実態の把握
  • 紙媒体からインターネットへ
  • 欲しい情報を選択している
  • お金はあまり使いたくない(貯金指向)
  • 普段の生活に少しの贅沢を欲する
  • 女性と男性では贅沢に対する価値観が大きく異なる
若者の価値観の明確化
  • 友人とはいつでも繋がっていたい
  • 家族とは自宅に帰ってからの時間
  • 車はステータスとは考えていない
  • 車にお金をかけたくない
  • 人と違う個性が必要
 
アウトプット
  • 若者の実態や価値観からライフスタイルや考え方など、どのようにクルマに反映するかヒントを得る事ができた
  • 若者が接する友人や家族との時間の作り方、繋がり方を明確化する事により、どのようなクルマや車内環境が、若者にとって価値のあるものになるかヒントを得る事ができた

飲料メーカーC社の事例

目的

  • 清涼飲料の新商品開発にあたり、自社既存商品ユーザー・競合商品ユーザーの双方にそれぞれ以下の点を聴取し、新商品開発およびコミュニケーション開発に活用する
    1. 現在飲用している商品を飲み続けている理由
    2. 新商品のコンセプト評価(MROCとHUTの同時展開で実施)
  • TVCF及びプロモーション案の受容性評価を実施し、今後のコミュニケーション展開の参考とする

ソリューション

  • HUTとMROCを組み合わせた双方向コミュニケーションによるHUTの実施
  • 画像掲示による新商品案コンセプトの提示
  • 動画掲示によるプロモーション案の受容性評価を実施
  • 定量アンケート実施による新商品コンセプト案の量的把握

成功のポイント

  • 質の高いモニターを集めるノウハウ
  • モデレーティング力
  • コミュニティの運営ノウハウ
  • MROCコミュニティによる同一カテゴリ商品ファンによるラポール形成
  • HUTに対象者同士のコミュニケーションというMROCならではの手法を追加する事により、これまでの自由回答とは質の異なる様々な意見を取得する事ができた
  • 対象者自身に調査対象というより開発に携わっているという意識を持ってもらい最後までモチベーションが維持できた


MROC実施内容

業界 飲料
調査目的 清涼飲料の新商品開発及びコミュニケーション開発に活用するためのインサイトを得る
規模・期間 20代~40代の男性50名(自社既存商品ユーザー、競合商品ユーザー25名ずつ)・4週間

調査フロー例

調査フロー例

コミュニティの状況

  • 同一カテゴリ商品のファンが集まり、第1週目を比較的自由なコメントが生まれるように設定したため、ラポール形成が上手く行った。
  • HUTでは少々の脱落もあったが、1コンセプトにつき2日間ほどの時間をかけた事により対象者同士の様々なコミュニケーションが見られた。
  • アイデア募集を最後に持ってきたことにより、約4週間の期間で得た様々な刺激から斬新なアイデアや思いもよらないアイデアなど頻出した。

ここがポイント

  • MROCとHUTの組み合わせにより、これまで実施の難しかった双方向コミュニケーションによるHUTが実施できた。
  • 対象者自身に調査対象というより開発に携わっているという意識を持ってもらい最後までモチベーションが維持できた。

調査結果の全体像

HUT
  • 複数の商品サンプルを配送。
  • 味覚とコンセプトから評価ポイントと改善ポイントを取得。
  • MROCの定性情報と定量情報を同時に取得した。
デザイン評価・CF評価
  • 新商品のデザイン案を掲示
    • ロゴ、文字、コピー、色合いなど、参加者のコメントから取得した。
  • 過去CFと最新CFを動画にて視聴
    • 過去CFと最新CFの違いや共通点、どこが印象に残るかを評価した。
調査結果
  • 新商品案の方向性を導き出すことが出来た
  • 対象者同士のコメントによる会話により、コミュニケーション開発に資するインサイトを発見できた
  • どのようなCFが現代の20~40代の男性に響くのか、過去CFとの違いや共通点から明らかになった


料金

料金につきましては、都度お見積もりいたしますので、下記フォームよりお問合せください。