オンラインインタビュー

自社オフィスの会議室からもインタビューできる、地方や希少なターゲットにもインタビューができる。
対象者は自宅などリラックスした環境でインタビューを受けるため、よりプライベートな内容や率直な意見を聴取できる。

オンラインインタビューとは?

調査モニターから対象者をリクルーティングし、オンラインでインタビューを行う定性調査サービスで、通信環境とテレビモニタまたはプロジェクターがあれば、自社オフィスの会議室からもインタビューできるため、地方や希少なターゲットにもインタビューができます


オンライン・デプスインタビューは、1人の対象者に1人のインタビュアーがインタビューを行う。対象者は自宅などリラックスした環境でインタビューを受けるため、よりプライベートな内容や率直な意見を聴取できる。オンライン・グループインタビューは、1人のインタビュアーが複数の対象者にインタビューを行います。対象者同士もモニタ画面を通して顔や声を見聞きできるため、擬似的な座談会形式を取ることができます。

オンラインインタビューの特徴

  • オンラインに接続できれば、場所を問わずインタビューが可能
  • 必要なのは、インタビュアーのルームと通信環境だけ
  • 地方外出できないモニターもリクルートできる
  • モニターの生活スタイルが視覚的に把握できる
  • モニターの時間の融通が利きやすい
  • オフラインインタビューに対し、協力率が高い
  • 謝礼額はオフラインインタビューの70%程度で実施可能

マーシュのオンラインインタビューでできること

環境 / 実査面

  • 事前に被験者がインタビューができる環境にあるかどうかをチェック
  • PC内臓カメラがない方には、カメラをレンタル発送
  • インタビュアーの隣に使い方をサポートする調査員を配置

サービス面

  • マウスで書いた文字や絵を共有できる
  • インタビュー中に録画&再生が可能
  • 外部への中継が可能

実施例

ケース1

認知症のご家族の介護に従事する方へのインタビュー

概況

実際の認知症の患者さんにもモニター越しで簡単なヒアリングを行い、介護従事者へインタビュー。家の中の様子も映してもらい、張り紙や滑り止め等で実生活の中での患者さんへの配慮が見られた。

お客様の声

オフラインでは患者さんの同伴は難しいため、貴重な意見が取れた。実生活を実際に見ることができたため、オフラインインタビューより参考になった。

ケース2

ヘアワックスに関するインタビュー

概況

起床直後にヘアセットをしてもらい、その様子をモニタリング。セット完了後にセット方法についてインタビュー。ドライヤーの使用や他のスタイリング剤も同時に使用する傾向が見られた。

お客様の声

起床直後という条件での実施ができて非常に助かった。普段使い慣れたドライヤーや他のワックスの使用方法についても参考になった。

ケース3

自家用車の中でのグループインタビュー

概況

車内設備や使用方法についてを、実際使用しているマイカーの中でインタビュー。被験者が車内のどこにこだわりを持っているのか、一定の傾向が見られた。

お客様の声

マイカーの中でのインタビューという、特殊な条件で実施できたことが良かった。車内の様子もモニタリングできるので、想定より質の高いインタビュー内容でした。

スケジュール

調査票
ご入稿
募集画面
作成
ご終画面
ご確認
応募者リスト一次納品
選定・電話確認・ご案内
環境確認
カメラ
発送
到着確認
ご説明
前日確認
当日実査

上記の工程は【最短7日】、【通常20日程度】

※オンラインインタビューのサービスについては、低料金グループインタビュー・デプスインタビューの株式会社定性調査維新の会の協力の元、提供させていただいております。