関連ワード:

定量調査 定性調査 違い

定量調査と定性調査の違いを教えて下さい。


定量調査とは、収集されたデータを数値化することを想定した上で設計された調査で、調査結果は統計学的に分析する調査方法です。


一方、定性調査とは、対象者から発せられる生の言葉や行動、あるいは観察者が見たままの状態や印象など、ことばや文章あるいは写真といった数値化できないデータの収集を目的とした調査方法です。


  データ 目的
定量調査 数値 仮説検証
実態把握
定性調査 言葉、行動
非数値データ
仮説構築
原因把握

定量調査は「全数調査」「標本調査」の2種類に分類され、民間で実施する調査の大半は「標本調査」にあたります。全数調査は国が実施している国勢調査がそれにあたります。

※標本調査の目的は、抽出した標本から元となる母集団の傾向を推測することにあります。

定量調査の主な調査手法


ネットリサーチが盛んになり、「ネットリサーチ=定量調査」「その他=定性調査」と勘違いをしている方も多いです。特に会場調査(CLT)を定性調査だと思っている人がよく見受けられますが、会場調査(CLT)は定量調査に分類されます。

定量調査を実施するケース・目的

  • 仮説を量的に検証したい
  • 新製品を市場に投入する前に、本当に受け入れられる製品かどうかを確認したい
  • (実態調査などで)大衆の意見を聞きたい

定性調査の主な調査手法

など

定性調査を実施するケース・目的

  • ある製品やサービスについての問題点を洗い出したい時
  • 仮説を立てたい
  • コアなターゲットの生の声が聞きたい
  • ユーザーの現状・実態がわからない
  • 深く、じっくり聞きたい
  • 本来ならば定量調査を実施したいが出現率が低い
  • 本来ならば定量調査を実施したいが予算がない
  • 新たなアイデアを引き出したい

定量調査と定性調査の使い分け


関連する内容ですので、こちらもご参照ください。

市場調査でわからないことがあれば何でもご相談ください。

今ある疑問について聞いてみる

市場調査に関するその他Q&A