1. ネットリサーチ会社のマーシュ
  2. Q&A
  3. 調査会社 モニター数

関連ワード:

調査会社 モニター数

かなり条件が厳しい案件も扱うようになり、ネット調査会社のモニターさんも検討しているのですが(リクルートは主に機縁でやっていました)、モニター数の規模というのはどれぐらい重視すべきでしょうか。


モニター数が多い方が、条件の厳しい(レアな)対象者を集めやすいことは確かです。モニター数が10万人の調査会社よりも、100万人の会社の方が、単純に考えて募集をかける対象が多くなりますので、集まる可能性も高まります。


ですが、「~万人以上いればOK」という基準で計れるものではありませんし、モニター数だけを基準に依頼先を決めてしまうのは、最善とは言えません。


例えば、 以下のようなポイントも参考に検討されてはいかがでしょうか。


サービス内容

調査企画からすべてワンストップで提供している会社もあれば、リクルーティングだけ発注できる会社もあります。御社が今必要としているサービスを踏まえた上で、何をどこまで頼むか(調査企画、リクルーティング、電話連絡、会場の手配、モデレータ、etc)、サービス内容を確認されるとよいでしょう。


どのようなパネルか

リサーチの対象として市場調査に活用されているモニター組織は多数あります。

  • リサーチ会社が運営するモニターサイトの、アンケート専用会員
  • ショッピングサイトなどの会員で、アンケートの案内を許可しているユーザー
  • 広告クリック、資料請求、アンケート回答などでポイントが貯まるサイトの会員

など、色々なパターンがあります。


マーシュは、自社で運営しているアンケート専用モニターサイト「D STYLE WEB」の会員を対象にリクルーティングを行っています。


パネルの属性

調査会社によっては、性別、年齢、職業などの基本属性の他にも、自動車、免許の有無、携帯電話のキャリアといった情報も把握・管理しています(項目は調査会社によって異なります)。たとえば、マーシュでは医療と介護についての実態をデータベース化した「医療・介護パネル」を管理しており(年1回更新)、特定の疾患をお持ちの方を対象としたインタビューなどにご活用いただいています。


対象者リクルートの実績

調査の概要を伝えて、必要人数が集められそうか、期間と費用はどのくらいかかるか相談してみるのも一つです。担当者のレスポンスや対応内容が、「安心して任せられる会社かどうか」その判断の目安となるのではないでしょうか。



関連する内容ですので、こちらもご参照ください↓

市場調査でわからないことがあれば何でもご相談ください。

今ある疑問について聞いてみる

リサーチモニターに関するQ&A