関連ワード:

調査 モニター 確認

スクリーニングで集まったモニターが、全員本当に対象者かどうか今ひとつ不安なのですが…


弊社では、座談会やデプスインタビューの対象者となった方へ、メールの連絡だけではなく電話での確認も行っています。電話確認は二段階に渡って行います。


電話確認1-条件に合致しているか

まず第一に、調査に応募されたご本人かどうかの確認が必要です。その上で、スクリーニングアンケートで回答した内容と相違がないか、丁寧にチェックしていきます。調査対象者として適切なモニターであるかどうかを確認するための電話です。微妙な条件違いがあった場合は参加をご遠慮いただくこともありますし、個人的な事情で、スクリーニング実施後にスケジュールが合わなくなってしまった、という場合もあります。この作業によって、条件にマッチし、参加可能なモニターを確定していきます。

電話確認2-最終の参加確認

調査本番の前日に、最終の参加確認として改めて電話をします。突然都合が合わなくなってしまったり、うっかり忘れてしまった、などといったトラブルが起きないよう、必ず行っています。会場に持参してもらう物や、アルコールの試飲がある場合の移動手段(運転不可)など、注意事項もこのタイミングで再度伝えます。尚、調査前日が土・日・祝日に当たる場合は、その前の平日に電話をしております。また、ご依頼から実査までの日程がタイトな場合は1・2を合わせて行うこともございます。

上記の電話確認は、すべて弊社のリクルーティング専門スタッフが行います。確認漏れがないよう丁寧に行うことで、なりすましやドタキャンのトラブルを最小限に抑えています



関連する内容ですので、こちらもご参照ください↓

市場調査でわからないことがあれば何でもご相談ください。

今ある疑問について聞いてみる

モニターリクルート業務全般に関するQ&A


リサーチモニターに関するQ&A