関連ワード:

機縁法

「機縁法」とは、なんですか?


調査対象者をリクルートする(集める)方法の1つです。グループインタビューやデプスインタビューなどの調査に協力してくれる人(対象者)を人を介して探す方法で、友人・知人・同僚などの繋がりを通じて、条件にマッチする人を見つけます。「機縁」という言葉は、「きっかけ」「縁」という意味です。


その際は、対象者となる条件以外にも
過去に同じテーマの調査に協力したことがないか?
本人や家族がテーマに関連する職業に就いていないか?
などの確認が必要でないかも、気を付けます。


一般的に、ネットでリクルートするよりも時間とコストがかかると言われていますが、リクルーティングする会社によって差がありますので一概には言えません。詳しい「機縁法」の特徴、「機縁法」と「ネットモニター」の使い分けについては、「失敗しないグループインタビュー、8つの心得」で解説しています。



関連する内容ですので、こちらもご参照ください↓

市場調査でわからないことがあれば何でもご相談ください。

今ある疑問について聞いてみる

モニターリクルート業務全般に関するQ&A


リサーチモニターに関するQ&A