関連ワード:

リクルート 在住地域の条件緩和

リクルートで、対象者が集まらなかった場合、例えば在住地域の条件緩和はどのようにされるのですか?


地方都市での定性調査のリクルート例

「札幌在住」という在住地域指定の緩和

札幌市内在住者に配信しただけでは回収数が見込めそうにない、と想定された場合、「札幌市内在住、あるいは札幌市内に勤務」までを対象とし、通勤可能な周辺地域にも配信します。例えば、札幌市内のコンビニエンスストア限定で販売されている商品を対象とした調査の場合では、在住地、あるいは勤務地のいずれもコンビニ利用の可能性がありますので、このような緩和策を取ります。


調査内容・目的によって、緩和できる部分が大きく異なりますので、案件毎のご相談となります。


条件を予め緩和した状態で募集をかけておけば、該当者のデータが挙がってきた際に余裕があれば、より細かい条件で絞り込むことができます。


このように、地方都市においてのリクルートに関しましても、一度ご相談をいただけましたら

  • その地域のモニター数と概算の応募数
  • どの条件が厳しいか
  • 予め緩和しておいた方がいい条件は何か

などといった部分に関しまして、過去のリクルート実績や経験に即して、リクルートできる見込みがどれくらいあるのかを回答させていただきます。



関連する内容ですので、こちらもご参照ください↓

市場調査でわからないことがあれば何でもご相談ください。

今ある疑問について聞いてみる

グループインタビューに関するQ&A



会場調査(CLT)に関するQ&A


モニターリクルート業務全般に関するQ&A


リサーチモニターに関するQ&A