1. ホーム
  2. Q&A
  3. 医薬部外品 ホームユーステスト

医薬部外品 ホームユーステスト

医薬部外品でのホームユーステストは実施可能ですか?実施経験はありますか?


医薬部外品のホームユーステストは、多数実績があります。


特に、衛生用品やトイレタリー製品のホームユーステストは長年の実績があり、テスト品の回収についてもノウハウを持っています。


医薬部外品の調査では、今までに何らかの医薬部外品の使用でアレルギーが出たことがある人や、敏感肌の方、アレルギーがでやすい体質の方は対象外としています。事前の募集アンケートで必ずこの点を聴取し、事故のないように行います。


医薬部外品のほか、化粧品や雑品に分類されるもののホームユーステストでも、直接、人体・肌に触れるものの調査では同様の注意を払います。


製品によっては、アレルギーテスト用のキットをご用意いただき、パッチテストを事前に実施し、体に異常がみられなかったモニターの方のみ、本調査に進む手法を取っています。


万が一、モニターに異常が発生した場合は、以下のとおり対応します。
■速やかに調査を終了させる
■クライアント様に対応窓口を設置
■弊社が一次窓口としてモニターからの問合せを受け、クライアントの対応窓口に誘導
クライアント様には、PL法に基づいて対応をお願いしております。

お問合せ このページで疑問が解消しなかった場合、または、他の課題がある、もっと詳細を相談したい、という場合は左のフォームよりお問合せください。

ホームユーステストに関するQ&A

アンケート結果無料ダウンロード

お客様の声