関連ワード:

会場調査 メリット

会場調査のメリットについて教えてください。


特に試飲・試食調査の場合、製品の温度管理や提供方法が統一できるため、全ての対象者に同一の条件で調査を実施することができます。試飲・試食調査に限らず、会場調査ではあらゆるバイアスを排除することが可能です。


また、例えば100名の対象者にA、B2種類の飲料の試飲調査を実施する場合、50名はA→Bの順に、残りの50名はB→Aの順に試飲をしてもらうというようにローテーションを組み、試飲順序の影響を受けない調査を実施します。


発売前のパッケージや商品コンセプトなど、機密性の高い提示物を使用した場合でも厳重な管理の下(情報漏えい・破損・紛失防止)で調査することができます。


会場調査では数名の調査員がアンケート回答のサポートをしますので、あいまいな自由回答(「おいしい、まずい、おもしろい」など)が書いてあった場合に「具体的にはどのような点で、そのように感じましたか?」と深堀(プロービング)をします。また、クライアント様が会場へ調査の様子を見学に来ていただくことで、対象者のリアルな反応を見ることもできます。


これらは会場調査ならではのメリットであると言えます。



関連する内容ですので、こちらもご参照ください↓

市場調査でわからないことがあれば何でもご相談ください。

今ある疑問について聞いてみる

会場調査(CLT)に関するQ&A