ブランド認知度調査
(ブランドイメージ調査)

購入の初期フェーズは「認知」、
知ってもらうことからすべて始まる・・・

質問項目テンプレート
無料ダウンロードはこちら

ブランド認知度調査とは?

商品・サービス、企業ブランドイメージを顧客への浸透度やロイヤリティ、評価・イメージ等々を多面的・定期的に測定し、競合市場での自社ブランドの位置づけを把握できる調査です。
顧客が持っているイメージとお客様が期待しているイメージとのギャップを知ることができます。
定量的なデータが必要なケースが多いので、調査手法としては、ネットリサーチが多く用いられます。

マーシュのネットリサーチ

マーシュが保有する消費者パネルから、調査に見合う条件合致者をwebアンケートで抽出し、調査規模に合わせた数のサンプルを回収します。 性別・年代・エリア等で割付設定し、回答データから各種分析を行ないます。

ブランド認知度調査はなぜ必要なのか?

まず大前提として、商品購入の初期フェーズは「認知」であり、知ってもらうことからすべて始まります

    1. 自社を知っていてもらうことが大前提
  • どこの会社の商品か気にせず購入する人もいますが、殆どの消費者にとって、どこの会社の商品かは非常に重要
  • 「どのくらいの人が自社を知ってくれているか」を知りたい場合、「コーポレート認知度調査」を実施する必要あり
    1. 自社の商品ブランドをきちんと認知してもらう事が非常に重要
  • どのくらいの人がAという商品を知っていて、かつAが自社の商品であるかを知っているかが非常に重要
  • Aが「消費者にどの程度知られているか」や「Aが自社の商品である事を知っているか」を知りたい場合は、
    「ブランド認知度調査」を実施する必要あり
    1. Aという商品を思い出すのに外部から何かアシストが必要かどうかで、購入する割合が大きく異なる
  • 「ブランド認知度調査」の中で「純粋想起(アシストなしでAが頭の中にあるか)」と「助成想起(アシストして初めてAが頭の中に浮かぶ)」をそれぞれ確認する必要あり(アシスト:広告や店頭のPOP等、外部からの刺激)

以上①~③の理由から、企業にとって「ブランド認知度調査」は必要不可欠な調査の1つだと言う事が出来ます。

また、当然ながら世の中には自社の商品以外にも数多くの同業他社商品が一緒に売られています。
よって、数ある商品の中で、自社の商品が消費者にとって「どのような位置付けにあるのか」や「どのようなイメージを持たれているのか」を知る必要がありますので、多くの場合、1つの調査でブランド認知度とブランドイメージを一緒に聴取します

  

ブランドの定期健診

人間が年に一度健康診断を受診するように、ブランドの健康状態も定点的に診ておくことが望ましいです。
定点的にブランド認知度調査を実施することにより、現状の問題点を正しく捉えることができます。定期的に実施することで、鈍化の予兆をいち早く察知することができます。
  1. 上市時に設定したセグメンテーション・ターゲティング・ポジショニングに対して、市場に変化がないかどうか、またその影響がないかどうかを調べる
  2. ブランドの売れ方・買われ方を確認し、当初のブランド設計図と合致しているか、競合と比較してのブランドの強み・弱みは何かなどを整理する
  3. 商品カテゴリーやブランドに対する消費者の意識を探り、商品認知からのプロセスに沿った浸透状況と、その事象の理由を把握する
⇒ 総合的に分析し、要因を明確にし、打つべき対策・施策の方向性を明らかにする。
  

調査設問と各種分析

調査設問については、ブランドの健康状態を多方面から分析することを前提に作成します。
よく用いる分析手法は下記の通りです。
  • トップオブマインド分析
  • 『純粋想起』と『助成想起』からマッピングし『占有率(マインドシェア)』を把握する分析手法。

  • ギャップ分析
  • ブランド間でのイメージのギャップ、ユーザー・ノンユーザー間でのイメージのギャップを確認する分析手法。

ブランド認知度調査の質問項目テンプレート無料ダウンロードはこちら ブランド認知度調査の事例はこちら