既存製品・ブランドの課題の解決サポート-1
ブランド健康診断

少し落ちてきたブランドの売上・・・何が原因なのだろう?

上市直後の1年間は、ほぼ計画値通りに売上が推移してきましたが、2年目に入って新鮮味が薄れてきたのか、市場環境が変わったのか、売れ行きにかげりが見えてきました。何か手を打たなければと思うのですが、どういった調査をすれば、間違いのない方向性を検討できるでしょうか?

”ブランド健康診断”により、現状の問題点を正しく捉えることができます。 定期的に実施することで、鈍化の予兆をいち早く察知することができます。

  診断1 診断2 診断3 総合診断
目的 市場動向の把握 購入実態の把握 消費者意識や「なぜ?」の解明 原因特定
内容
  • 市場の拡大・縮小
  • 購入行動の変化
  • 競争構造の変化
  • 購買量のトレンド比較
  • 購買量の競合比較
  • ユーザーの定着実態
  • ブランド認知度
  • ブランドイメージ
  • 購入意思
  • リピートの有無
状況・課題の整理 対策の検討
方法 WEBアンケート WEBアンケート WEBアンケート/インタビュー 分析・レポート
ポイント 上市時に設定したセグメンテーション・ターゲティング・ポジショニングに対して、市場の変化がないかどうか、またその影響がないかどうかを調べる。 大サンプルにて実施。 ブランドの売れ方・買われ方を確認し、当初のブランド設計図と合致しているか、競合と比較してのブランドの強み・弱みは何かなどを整理する。 大~中サンプルにて実施。 商品カテゴリーやブランドに対する消費者の意識を探り、商品認知からのプロセスに沿った浸透状況と、その事象の理由を把握する。 インタビューを併用することで、「なぜ?」の深掘りができる。 診断1~診断3の結果を踏まえ、総合的に分析し、提言を含めた報告書を作成する。 要因を明確にし、打つべき対策・施策の方向性を明らかにする。

落ちてきたブランドの売上・・・
何が原因なのだろう?

  • 新鮮味が薄れた?
  • 市場環境が変わった?
  • どんな調査をすれば、間違いのない方向性がわかる?
診断結果
奥行き
=購入者あたりの購入量
ロイヤルティ中 ロイヤルティ高
ロイヤルティ低
ブランドの
ポジション
ロイヤルティ中
 
    間口=購入率(%)
  • 買う人の数が少ない
  • ロイヤルティが低い
  • シェアが低い

上記3点が判明!!

【 原因特定 】
現在のブランドの
ポジショニング

診断1~総合診断までで100万円~のパッケージサービスでお受け致します。
ブランド健康診断では、WEBアンケートがメインとなるので、調査票の設計が非常に重要になります。経験豊富なリサーチャーが調査企画の設計~最終報告書まで専任で担当しますので、安心してお任せください。

“ブランド健康診断”の結果から、市場の変化により、現在ブランドが置かれているポジショニングが最適ではないことがわかったら・・・
⇒ ブランドのリポジショニングをご検討ください。

調査の種類一覧