1. ネットリサーチ会社のマーシュ
  2. 調査目的から探す
  3. コンセプト受容性調査・コンセプトテスト

コンセプト受容性調査・コンセプトテスト

コンセプト評価調査は、商品コンセプトが消費者ニーズに合っているか、新しい情報と捉えられるか、関心が示されるか、魅力・強化すべきところはどこか、改善点はないか、などを確認することを目的とします。製品化の前段階で、ターゲット顧客に、購入を喚起する商品コンセプトかどうかを事前に検討するのに役立ちます。

調査設問のポイント

  • コンセプトが、どのような人に、どのように評価されるのか
  • どのような要素の組み合わせが最適なのか、何が重視されているのか
  • どの要素の影響度が大きいのか、何を優先すればよいのか
適した分析

コンジョイント分析・重回帰分析>
要素の洗い出しを行い、それぞれの組み合わせ(コンジョイントカード)を作成
欲しいと思う順に、番号を振ってもらう。

また、調査に特定の目的がない限り、調査対象者を絞り込みすぎないほうがよいとされます。それは、はじめからターゲットの範囲を狭く取りすぎると、もっと広い範囲のターゲットからも受け入れるチャンスを逃してしまう可能性があるからです。調査対象者をターゲット顧客から広めに設定し、ターゲット間の受容性の違いを比較・分析していくことが望まれます。

調査手法

ネットリサーチ会場調査(CLT)グループインタビューデプスインタビュー

調査の種類一覧