企業イメージ調査

企業に対する印象や、その企業から連想するイメージを調査します。企業イメージは、消費者の購買行動にも影響を与えるため、消費者からどのようなイメージをもたれているかを正しくとらえ、それが常に好ましいかを確認する必要があります。
複数のイメージ項目から選択肢式で回答する場合もあれば、自由回答で純粋想起で調査する場合もあります。

調査のポイント

※ブランドイメージ調査と同様

  • 企業の純粋想起(○○と聞いて思い浮かぶ企業名は)
  • 企業の助成想起(以下の中から、あなたが見聞きしたことがある企業名は)
  • 企業好感度
  • 企業パワーの把握
  • 企業イメージ
  • 購入経験ブランド
  • 他者への購入推奨ブランド
  • 購入意向ブランド
適した分析

<トップオブマインド分析>

  • 純粋想起率(第一想起)と助成想起率それぞれの平均値の交点で4分割 勝者(第一想起・助成想起共に高い)
    →市場で広く知られ、マインドシェアも高い。
  • ニッチ(第一想起率は高いが、助成想起率は低い)
    →強いマインドシェアによってコアなユーザーを獲得しているが、まだ広く認知を獲得する までには至っていない。
  • レガシー(第一想起率は低いが、助成想起率は高い)
    →すでに市場で広まってはいるが、マインドシェアの強さに欠ける。
  • マイノリティ(第一想起率、助成想起率ともに低い)
    →まだまだ市場への浸透度が低く、マインドシェアも獲得できていない新興ブランド。
調査手法

ネットリサーチグループインタビューデプスインタビュー

アンケート結果無料ダウンロード

お客様の声