1. ホーム
  2. 調査目的から探す
  3. 顕在化ニーズの把握・アンメットニーズ探索調査

顕在化ニーズの把握・アンメットニーズ探索調査

通常、ニーズ探索はライフスタイル調査や使用実態調査、顧客満足度調査などの結果から、ニーズを見つけ出す方法がとられますが、新しい潜在的なニーズを見つけ出したいときに行います。 しかし、より潜在的なニーズは、一般の消費者から明確に言語として回答を得ることは難しくなります。そのために、日ごろの使い方の実態の観察や記述の中から発見していきます。まずは先入観にとらわれず、なんとなく使いづらそうなこと、他で補完している要素などを、実際に観察や普段の様子から見つけ出していきます。

調査のポイント

  • 製品ライフサイクルのタイミングを見計らい、次期投入商品の開発準備を計画的に進めることが重要。
  • ニーズ探索調査は、既存商品の評価、購買・使用実態などから新商品開発に必要なユーザーのニーズを明らかにする。
  • 定量的な調査と定性的な調査を併せて実施することで、よりユーザーのニーズを深掘りすることができる。

※製品ライフサイクル:導入期→成長期→成熟期→衰退期

調査手法

グループインタビューデプスインタビュー

アンケート結果無料ダウンロード

お客様の声